See more details
Title List

アロマリッチ。#16(最終話)

俺はチャンミンにシーツの捲くられたベッドに勢い良く押し倒された。





























「チャンミン?!」
「やっぱ駄目。ホジュニヒョンを選ぶなんてユノ酷い!」
「酷いのはどっちだ?!」
「僕ですか?!」


どう考えてもお前だろう。


「やっぱり他の誰かとなんて我慢ができませんっ。」
「なんなの?!お前っ。」


チャンミンが仰向けの俺の胸に顔を埋める。


「だって………本当ですよ。治した方がいいのは間違いない。じゃなきゃ苦しいのはあなただし、僕がいつも傍に居れるわけじゃないしっ。」


俺の為?


「でも俺は……お前の厄介者だろ?洗濯にも気を使って料理にも気を使って。俺だってそんな風にチャンミンにさせたい訳じゃない。」


お互いがお互いを想っているのに。


すれ違いはどうして起きる?


「厄介だと言ったのは………僕の悪いところで………。本当は思ってないことくらい分かるでしょ?!」
「わかんねぇーよっ。分かりにくいよっ!」
「なんでわかりませんかっ?!」


無茶苦茶だ。


もっとストレートに来てくれ。


「結局あなたは僕の匂いが好きなだけなんだ。」
「どうしてそうなるんだよっ。」
「だって僕の何も分かってないっ!」
「お前は俺の何を分かってるんだっ!」
「………。」
「………。」


想いは何一つ届かなくて。
そして理解が出来なかった。


「あんたは僕にベタ惚れでしょ?!」
「な…っ……何が悪いっ!////」


くそ。バレてるのかよっ。


「それでも又一緒に暮らしたって別れる日が来るでしょ?!僕はもう二度とあんな別れをしたくないんですっ。」
「何言ってるんだ?」
「別居するのが決まった時です!」
「あ?あの時はお前が出て行ったんだろっ!」
「だからです。僕はもう二度とあんたを手放したくないんですっ。やっと慣れたのに。一人にも慣れたのに。またあんただけになるのが怖いんです。」


チャンミンが顔を覆った。


チャンミン……。


じゃあなんで出て行ったんだよっ。


俺だって。


俺だって。


お前がいなくなってこんな体になったのにっ。


俺は俺の上のチャンミンをぐいっと引っ張って下に組み敷いた。


そしてキスを奪った。


「ん……っ!」


チャンミンは驚いた風ではあったけど抵抗はしなかった。


俺のキスを受け入れて。
いつの間にか二人で夢中になって。


離すのを忘れた。


「はぁはぁ。」
「はー。」
「じゃ………ぁ………離さなきゃいいだろ?俺は逃げないよ。チャンミンにベタ惚れだからなっ。」
「一生ですよ?!」
「あぁ一生ベタ惚れ!!そのおかげでお前から離れなれない体になっちゃったからっ。」


チャンミンの長い腕が俺を抱きしめる。


「……録音すれば良かった………。」
「何度でも言ってやるから。」
「……はい。」


ようやくチャンミンが笑った。


なんだつまり俺達ってかなり前からお互いがお互いを好きだったって事か?


馬鹿みたい。


こんなややこしい事にならなきゃ気付けないなんて。


でも。


俺はお前が居なきゃもう居れない体だし。
お前は俺を離せないし。


これって結果オーライなんじゃない?


なぁ。チャンミン。


一緒に居るのが一番って事だろ?


「ユノのお世話は一生僕がします。」
「それ最高のプロポーズだ。」
「一緒に暮らしましょう。」
「うん。」




こうして俺は安息の地を手に入れた。




至極の香りと共に。









それはチャンミンと言う名のアロマリッチ。

























おまけ。


その後もちろんエッチに至った俺達。
行為の後、携帯を拾ってびびった。


『ゆのや~。』
「え?!ホジュニヒョン?まさかずっと携帯繋がってた?」
『繋がってた。聞いてたぞ。』
「え~~~っ!/////」
『ヒョンは………ヒョンは………うぅ………。チャンミンめっ。』
「サランヘヨ~ヒョン……。」
「ユノっ!!!!」


ぴっ!


「あ…。」


チャンミンは携帯を切ってしまった。


「あ……。ヒョンに聞かれてた、チャンミン……。」
「いいじゃないですか。聞かせてやれば。それよりサランヘヨとはなんですかっ!」
「いや……それはヒョンとして……だから……。愛してるのはチャンミンだけ……。」
「駄目ですっ!絶対駄目っ!!!」
「ちゃんみなぁ~……。」


それから又チャンミンの機嫌を取るのに一苦労したんだ。


チャンミンの嫉妬深いは嘘じゃなかった……。











おしまい。
-------
あぁぁ……なんだコレ。

どうも最後までお付き合いありがとうございましたm(__)m




*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/20 (Tue) 00:16 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/20 (Tue) 01:06 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/20 (Tue) 01:29 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/20 (Tue) 23:30 | # | | 編集 | 返信

Re: ひ***ん様。

おひさしぶりです((´∀`*))
最後までお付き合いありがとうございました!!
一生二人でいると思います!!
リアルの二人もそうであってほしいなぁ~(♡ >ω< ♡)

コメントありがとうございました!!

2017/06/21 (Wed) 00:27 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re: g***a様。

えへへ…
チャンミンホジュンの事分かってたなら本気の嫉妬ww
ずっと聞いてた方もどうかと思いますねwww

ユノはきっと素直でかわいいんだろうなぁと思います。
だからこうなっちゃうんですがww
二人が本当かわいいです((´∀`*))
ホジュニヒョンにはチャンミン色々思ってると思うんですよねぇ~……って私の妄想ですがww
甘えたユノのお話もあるんですよ~!
又別口ですが。
とりあえず次のお話は切ないほどの恋を目指して頑張ります!!
よろしくお願いします!

コメントありがとうございました!!!!

2017/06/21 (Wed) 00:32 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re: wi***i様。

はい。うちはいつでも最後はらぶんちゅです♪
こちらこそ最後までお付き合いありがとうございました!!!!
チャンミンのプロポーズ!!
あはぁ~(♡ >ω< ♡)幸せ!!!
ホジュニヒョンは恋愛対象であって欲しくないですよねえ~
嫉妬しまくるチャンミンってのも好きですがwwww
新作も又お付き合い頂けたら嬉しいですm(__)m

コメントありがとうございました!!!!!

2017/06/21 (Wed) 00:37 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re: く*様。

最終話楽しんで頂けていたなら嬉しいです(♡ >ω< ♡)
喧嘩するミンホも萌えるんですよねぇ~
チャンミンが怒るのがたまらなくかっこよくてwww
すいませんMですwww
本当ちゃんと気持ちが伝わって良かった。
最後までお付き合いありがとうございましたm(__)m

コメントもありがとうございました!!

2017/06/21 (Wed) 00:39 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント