See more details
Title List

同じ月を見て。#15

「違うんだ……チャンミン君。」






























ユンホさんはいそいそと服を着て僕にいい訳をしようとしてるのか?
僕はそんなユンホさんを見る事が出来なくて目をそらしたままいた。


別にいいんだ。


ユンホさんがその男と付き合ってるとしたらそりゃそう言うことだってするだろう。
ただ僕はユンホさんが好きだと気が付いてしまっていたから辛かった。
ユンホさんが僕じゃない誰かを思って自分でそんな事をしていたなんて……。


それを見てしまった自分。
多分凄く気まずい思いをしているだろうユンホさん。
僕達は張り詰めた空気の中で、お互いがどうしていいのかわからなかった。


なるほどハンズフリーであの男の声が聞こえていたのだとしたら、最初いるはずだった人がいなかったり、いなかったはずの人がいたりする事も納得できる。


「こ……これはね。」
「いいんです。…でも今ここは僕の家でもあるので、できたらそう言うことは外で済ませて下さい。」


何言ってるんだ。
そんな問題じゃない。


「そ…うだよね……。本当ごめん。軽率だったよ。」
「………。」
「………。」


相変わらずユンホさんの顔もまともに見れない僕は、いたたまれずロフトに戻ろうとした。


「チャンミン君……っ。」


ユンホさんは僕の手を握ってきた。
今きっとユンホさんのものを握っていただろうその手で。


「………っ!」
「あ……ごめん……っ、汚いよねっ。」


そう言って慌てて手を離したユンホさんに、僕はやっぱりそうなんだ………と思ったら言いようのない興奮に襲われた。


その瞬間だった。


僕はユンホさんを押し倒してた。


「チャンミン君?!」
「ユンホさん………!」
「ちょ………ちょっとっ。」
「ユンホさんはっ。いつもそうやって1人でするの?彼とは毎日の様に会ってるんでしょ?昨日も。仕事のフリをして。」
「何言ってるの?退いて。」
「嫌です。僕をこんな気分にさせたんだ。責任を取ってください。」


僕は股間をユンホさんに押し付ける。


多分大きくなった僕のそれが当たってるはず。


「チャンミン君っ。退いてっ。」


僕はユンホさんに覆い被さり服を脱がせる。
こんな行為は初めてだった。
女性にもした事がないって言うのに。





初めてが男性って…。






しかも無理矢理とか。











あぁ。











何これ。






















マジ興奮する。










































----
あぁ・・・


ごめんなさい。



こんな内容だからかな?
どんどん落ちてくランキング・・・w
もうちょっとだから(多分・・・)応援よろしくお願いします~~~~(汗)





*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/06 (Thu) 00:47 | # | | 編集 | 返信

Re: na***i様。

はいぃ。
ユノさんはもちろん・・・・←
そりゃ愛ゆえチャンミンは我慢できませんww
この先我慢させるか勢いに任せるかまだ迷ってますwww
明日をお楽しみに(笑)

コメントありがとうございました!!!!!

2017/07/06 (Thu) 00:53 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/06 (Thu) 02:32 | # | | 編集 | 返信

Re: g***a様。

なんでユノの話とめちゃうのよー
それは私が話したくないからです(笑)
そのくせ襲うのは
私が襲いたいからです(笑)
全部私のさじ加減ひとつ・・・・・
恐ろしい…(笑)

コメントありがとうございました!!

2017/07/08 (Sat) 01:04 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント