See more details
Title List

責任とってくださいよ。#11

「え?なにを?」




















僕はユノの腕を掴んだままうな垂れた。
だって。
天然か。


「天然ですかっ!!」
「なにがっ!!」
「だからっ!!」


あぁ。
なんか。
僕だけ?
この焦った感じ。
あの感覚が抜けなくてどうしようもない感じ。


「もう……責任とってくださいよ………。」


どうしてくれるんだ。
マジで。


いつもいつも。


あんたって人は。


僕を振り回す……。


「………いいよ。」


は?


「責任取るよ。」


何言ってますか?
分かってんですか?


「あんた…だから僕を煽るのもいい加減にしないと。」


知りませんよ。


「煽ってはない……………事はない…か。」
「は?」


マジで天然か。


「僕をからかってますかっ!?」
「わ………っ!」


僕はユノの後ろにあったベッドにユノを押し倒した。


「い……てぇ。」
「………。」


両手首を押さえて動きを封じる。
ユノのビックリした様な、
痛そうな顔はやっぱり僕を煽った。


「くそっ!」
「怒るなよ……。」


ユノは抵抗もしない。


「あ~……俺にも良くわかんないんだ………。」


ユノは抵抗どころか僕に全てを預けてる感じだった。


「だって……男なのにチャンミンなのにあれはめちゃめちゃ気持ちよくて忘れられないし……チャンミンも満更じゃないのかなとか思って…もう毎日それしか考えられないんだ………。」


………それって。


「順番が逆になっちゃったけどさ。……俺チャンミンが好きなのかも……。」
「ま……まさかっ。」
「な~?だよな~?」


ユノのおちゃらけた顔。


「………。」


僕はユノに口付けた。


「……こいう事?」
「……ん。」


それからすすす…っと体に手を這わせてユノの中心で手を止める。
そこはもう盛り上がっててユノは顔を逸らして照れた。


「こういう事?」
「………。」


それから脚の間を割ってユノの蕾辺りに指を突き立てる。


「こういう事って思っていいの?」
「……そういう事…だよっ////。」
「え?マジで。好きって言うのっ?!」


僕は信じられなくて思わず聞き返した。


かぁっと赤くなったユノの頬に僕はゾクってした。







「責任は取るって言ったろ?」









ユノはそう言って僕に手を伸ばした。
























































































































































































































































*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント