See more details
Title List

同じ月を見て。#29

ソユンごめんな。


























俺はチャンミン君を選んだ。


チャンミン君が俺を抱きたいって言ってくれてソユンを抱いていたかったけど俺はソユンを迷わず布団に寝かせたんだ。


「ユンホさん………。」


俺はチャンミン君を背にソユンからゆっくり手を離す。
ソユンはほんの少し目を開けた様にも見えたけど寝返りを打ってすぐ眠りに落ちた様だ。


良かった………。


そこからが問題だった。
どうすればいい?
俺は抱いてと言わんばかりにソユンを寝かせた訳だ。
ある意味恥ずかしい………。


チャンミン君の顔が見れず、俺はソユンを寝かせた体勢でチャンミン君に背を向けたまま動けなかった。


「ユンホさん。」


チャンミン君が俺を呼ぶ。


それでも動けない。


どうしよう。


俺は無駄にドキドキしてた。
お互い初めてだった最初は殆ど訳も分からずだった。
痛いのは体じゃなくて気持ちが通じ合ってなかったから。
チャンミン君はそんな子じゃないのに無理矢理俺を抱いたのは俺がチャンミン君をそうさせてしまったから。
あれは本当に事故だったと思う。
チャンミン君は初めてだったのに。
いや、俺も初めてだったけど。


だけど今度は違う。
お互いに求めてる。


チャンミン君は俺を抱きたいと言った。
俺はそれを受け入れるためにソユンを寝かせた。


する事はひとつ。


だから俺は動けなかった。


「ユンホさん。どうしました?」
「…………。」
「ユンホさん。」
「…………。」
「ねぇ。ユンホさん。」


チャンミン君。


チャンミン君。


チャンミン君。


固まる俺に近付くチャンミン君の気配。
更に固まる俺。


「ユンホさん。」


ふわりと背後から抱きついてきたチャンミン君。


俺のドキドキはマックスだった。


「ユンホさん……こっち向いて下さいよ。」
「…………。」


俺はチャンミン君の顔を見ずにそろそろと上半身をひねってチャンミン君の胸に顔を埋めた。
一日思いっきり動物園で遊んだからすこし汗に匂いがするチャンミン君の胸。
俺は胸いっぱいにその匂いを吸い込んだ。


チャンミン君の匂いだ。


「どうして何も言わないんですか?」
「………だって。」
「照れてる?」
「………うん。」
「かわいいんですね。」


俺は益々恥ずかしくなって益々チャンミン君の顔は見れないと思った。


そんな俺をチャンミン君は胸に抱いて。両手に有り余るくらい大きな男の俺を抱いて「ふぅー。」と息を吐くのもなんだか男らしくて俺はそれだけで興奮した。


「チャンミン君………、」
「はい。」


俺はもうどうなっても良かった。
チャンミン君の胸は俺に十分にそう思わせた。


上半身だけだった体をまたそろそろと動かしてチャンミン君に向かいあって今度は俺からも腕を伸ばしチャンミン君に抱きついた。


「ふぅ。」


今度は俺が息を吐く。


あぁそうか。
これって緊張してるから出るんだ?
チャンミン君もきっと緊張してるんだ?


そう思ったら少し落ち着いた。


チャンミン君の好きにしていい、って思った。


でも、チャンミン君はいつまでも俺を抱きしめるだけで動かない。


たまに背中を伝った手に頭を撫でられて。
鼻を方に擦り付けられて。


それ以上は何もしないチャンミン君。
年上の俺が先に動くべきなのかな。


「………チャンミン君。早く。」
「え?……何がですか?」
「何がって。」
「?」


不思議そうなチャンミン君に俺はやっとチャンミン君の顔を見た。


「え?」
「え?」


俺はその不思議そうなチャンミン君の顔を見て悟った。


その瞬間俺は顔を真っ赤にしていたと思う。
多分チャンミン君も気が付いた。


「あ……ユンホさん///。」
「ごめん、俺……///。」
「僕の方こそ……っ////。」


チャンミン君は俺がソユンを抱いてた様に俺を抱きたかっただけなんだ。
それなのに俺は………凄くエッチな事を考えてて…。


俺は恥ずかしくてチャンミン君から離れた。


「あ……ユンホさんっ。」


もういたたまれなった。


「ユンホさん……いいの?」


聞かないで欲しい。


俺は又チャンミン君の顔を見れなくなって逃げ出したかった。


「ねぇっ。ユンホさんっ。」
「駄目っ。だめだめっ/////。」
「ユンホさんっ。」


チャンミン君は逃げ腰な俺を又抱き込んだ。


「チャンミン君離して。」
「駄目です。」


何言ってるの?
駄目なのは俺の方で。


「抱いてもいいんですか?」
「………っ。」
「ねぇ。」
「……////。」


最初からそのつもりだったよ。






チャンミン君こそ。













チャンミン君こそ、いいの?

















俺で、いいの?





































*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/25 (Tue) 03:39 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/25 (Tue) 19:21 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント