See more details
Title List

同じ月を見て。#31

「チャンミン君………待って……っ。」































僕は待てなかった。


ユンホさんがロフトの床に手をかけて体をロフトに乗り入れた所で後ろからユンホさんを抱きしめた。


「待……っ。」


後ろからユンホさんの体に手を回して胸や腹を弄る。
ぎゅっと抱きしめて、項に舌を這わすとそれだけでユンホさんの力は抜けていった。


シャツの上から突起が分かる程、ユンホさんの乳首は尖っていて、こちらまで興奮してくる。


僕はその突起の感触を楽しみながら指先で転がす。


「ふ……あ………っ。」


ユンホさんの反応が又かわいらしくて僕はどんどん夢中になってしまったくらいだった。


まだ下半身は階段でくの字になっているユンホさんの力の抜けた上半身のシャツをめくってその背中にキスを雨を降らせれば、ユンホさんはビクビク体を弾かせて感じている様子。


「ん………ぅ、チャンミン…く………ん。」


僕の経験は勢いでユンホさんをめちゃめちゃにしてしまった一回だけ。


今度は前の様にはしたくなくて、こんな場所ではあったけどユンホさんにじっくり愛撫を与え続ける。


「チャンミン……君………あ……いや。」


ごめんなさい、でも止めてあげられないです。


手は上半身から下半身に伸びてユンホさんの体を弄る手を移動させていく。
ユンホさんの中心で雄はその形を主張していた。
大きく。
硬く。


そこを撫でるとますます大きくなる様で。すごい。


僕はユンホさんのズボンのベルトを外しボタンを外しジッパーを下げる。


「あ……俺……シャワーっ!してくる。」
「何言ってますか?今更。」
「チャンミン君、布団敷いて待ってて!」


だから待てませんって。


「な?お願い…………。」


僕はそんなお願いに耳も貸さず下着の窓からものを取り出す。
ぶるんっと出てきたそれを握って擦る。


「な……っ////シャワーっ/////。」
「いいですって。」


僕は構わず擦る。


「駄目……駄目…………。」


ユンホさんは駄目駄目言って体を震わせ感じてた。
あっという間に登り詰めてユンホさんは階段の上からぽたぽたと精液を飛ばして1階の床を汚した。


「あ………駄目って言ったのに。」


かわいい………。
すげぇ…かわいい。


でもまだ許してあげるつもりはなかった。






僕は、そのままユンホさんのお尻の間の穴に指を忍ばせた。


































































*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

No title

階段の上から白濁の液が、ぽたぽたと・・・。
今日イチの萌ポイント😂👏✨

2017/07/27 (Thu) 01:26 | ずんだ #TgLHeaMo | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/27 (Thu) 02:05 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント