See more details
Title List

ぼっち君の夜の過ごし方。#6

通話に慣れてしまえば通話の方が断然気持ちよくて。
俺は一層嵌って行ってるのが自分でも分かった。
























この人の声いい……。


好きだ。


本当にまるでチャンミンと話している様な感覚に陥る。






















『もしもし?』
「………うん。」
『どうしたんですか?声がかすれてますよ?』
「そ……そうかな………。」
『もう、期待してるんですか?』
「……そ、そんなんじゃ……っ。」
『段々いやらしくなって行きますね?』


俺は恥かしくなってしまう。


LINEのトークより実際喋って言われると本当どぎまぎする。
チャンミンの声みたいだからかな。


『どうしたんです?本当今日は待ちきれない感じですね。』


イヤホンの耳元でくすくす…って笑われて。
ゾクゾクってして。
待ち切れないのは確かだった。


「俺だけ?」


そう聞いてしまう。


『……そんな訳ないでしょう?かわいいですね。』
「やめてよ……///。」
『嬉しい?』
「そ、そんなんじゃ////……実は……あんたの声が知り合いに似てて……俺…興奮してるんだ。」


チャンミン……知り合いなんてもんじゃない。
もう家族も同然のチャンミン。
大事なチャンミン…。
そんなチャンミンに似てるからってこんな……。


『そうなんですね。いいじゃないですか…。その人を想像してくれていいですよ。』
「そんな事っ。」
『できませんか?』
「………。」


もう……してる……。


『ほら……あなたのアソコは僕を想像してもう濡れてるんでしょう?』
「…………っ。」
『もしかしてもう脱いでいますか?』


どうしてわかっちゃうんだ……。
本当に見られてるんじゃ……。


俺はとっくに裸でベッドにいた。


『本当にあなたって人はかわいいですね……。』
「なぁー…………早く……ぅ。」
『わかりましたよ。』
「ん……ぅ。」
『ほら竿の裏を舐めてあげますよ。』
「や………っ。」


俺は竿の裏を撫でて舐められてるのを想像する。


「あぁ………ぁ。」
『気持ちいいの?』
「き……かないで。」
『もっと気持ちよくなりましょうね?玉は良くほぐすんですよ。』
「んぅ………ぁ。」
『そこからもっと下に行ってみて下さい。指を舐めてアナルに触れてみて。』
「………や………俺そんなとこ………っ。」
『大丈夫です。ほら指はぴちゃぴちゃ舐めるんですよ。』


あぁ。いやらしいことを言う。


でも俺はその通りぴちゃぴちゃ指を舐めて音を聞かせた。


『いい音だ。そうやって舐めてあげたいな。』


俺はぶるっと震える。
俺も舐めて欲しい…………。


『さぁその指でアナルを押さえて。』
「やぁ……。」
『そしたら引っかいて。』
「む……無理……。」
『カリカリして。』


俺は指を立ててアナルをカリカリ引っかいた。


「や……だぁ…これ……いや……。」
『嫌ですか?』


カリカリ……。


『でも止まらないみたいですね…ふふ。』
「いや……いや………っ。」
『そのいやは感じすぎていやなのかな?』
「ちが……っ。」
『じゃあなんでお汁は止まらないんですかね?』
「やめて………っ。」


知ってるのか。
見てるのかよ。


『ほら。アナルがヒク付いて欲しがってますよ。』
「はぁ……ぁ……はっ。」
『指挿れてみて下さい。』
「むり……っ。」
『ぐっと押えてみて…。挿っちゃうから。』


俺は人差し指をアナルに押さえつける。
そしたら、くぽって挿って行く俺の指。


「あ……っ……ぁぁ。」
『上手です。』
「んん………っ。」
『出し入れしながら竿も扱くんです。』
「あ……ぁ……ぁ……っ。」


両方攻めたらもう体がぶるぶる震えてすげぇ気持ちイイ。


「あ……ん。あ………ぁ……んっ。」
『イきそうですか?』
「う………ん。イク……っ。」
『僕もイきそうです………はぁ。』


熱い息。
それを聞いたら一層震えて俺は足のつま先を立てた。


「あ……ぁ……っ!」


びゅっと白濁の液が飛び出して俺は朦朧としていると。
その人は言ったんだ。




















『今から会えませんか?』







































*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント