See more details
Title List

同じ月を見て。#39

ロフトに2人で上がると最初は体を寄せ合って他愛無い事を話して過ごした。




























「したい。」なんて言われたから、もっとガツかれると思った。
でも違った。


チャンミン君は俺を大事に抱きしめたし、
優しくキスしたし、
声は甘く俺を包み込んだ。


もしかして寄せ合った身体が熱いのは俺だけなんじゃないかって思ってしまう程チャンミン君には余裕がある様に見えた。
なんだか俺はじれったかった。


早くしないとソユンが起きて来ちゃうかも知れないのに。


「ん………ん………ぅ。」


シャツの上から胸の突起を転がされる。
それだけで俺は簡単に息があがってしまうのに。


「…チャ……ンミ……ン君……。」


チャンミン君はひとつも焦ってない。


ただころころと胸の突起を転がし、浅いキスを繰り返して俺をいく。


「チャ……チャンミン君………もう。」
「どうしました?」
「………もう………触って……っ////。」


俺は俺の中心で固く膨れ上がるそこをまだひとつも触れられてなかった。


「ここ?」


そう言ってチャンミン君はさわさわと撫でてくる。


「舐めてもいいですか?」
「え……////駄目。」
「どうして?」
「だって……声が出たら……ソユンが……。」
「出さなきゃいいでしょ♡」
「ちゃ……っ////。」


チャンミンはドエスっ気たっぷりの笑顔で俺のパンツを下げた。


「チャンミン君……っ………あ////。」


それもゆっくりで。
先端から少しずつ濡らされてキスされてやっと食べてもらえた時には俺はもうイキそうなくらいだった。


チャンミン君は俺を咥えながら手をお尻に回す。
揉まれながら片方の手の指が双丘の間に忍び込んで穴を探る。


俺は前から後ろから攻められてチャンミンの頭を抱え込むように背中を丸めた。


「ん………ぅ。」


指が穴に……っ。


「だ………だめ……。」
「押してるだけです。」
「う……うそ……っ。」


挿ってる……っ。


挿ってるだろ……もうっ。


「だめ……だめ………っ。」


指先が……。


指先だけが……。


「それ……駄目だって……っ。」
「何もしてませんよ?」
「うそ……っ。」


挿ってるっ。


俺はすぐイってしまった。




休む事無く挿入の準備をされて俺はいっぱいになる。




挿入してきたチャンミンにもっといっぱいになった。





チャンミン君…………きもち…いい。





離れたくない気持ちは益々いっぱい。





俺はチャンミン君でいっぱい。








いっぱい。いっぱい。だった。


















でも。


















俺はこの時もう決めてた。





















チャンミン君とは一緒に住まないって。決めてたんだ。









































*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/08/06 (Sun) 19:53 | # | | 編集 | 返信

No title

(  Д ) ⊙ ⊙えっ!
なんでなん?

2017/08/07 (Mon) 01:43 | ずんだ #TgLHeaMo | URL | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント