See more details
Title List

同じ月を見て。#41

「ちょっと待ってチャンミン君!」























チャンミン君は俺達と暮らしたいと言った。
家族になりたいと。



その気持ちは正直嬉しかった。



こんな年上のバツイチコブツキと家族になりたいと言ってくれる人はそうはいない。


でも。
嬉しかったけど…。
でも。


それは、気持ちだけでよかった。


チャンミン君は「養子縁組」の用紙を持っていた。


「ユンホさん。僕は本気なんです。この方法だったら僕達は家族になれるし、」
「チャンミン君。」
「お願いします。一緒に暮らしましょう。」
「待って、チャンミン君。」
「ユノさん。断らないで!僕と結婚して下さいっ!」


チャンミン君は俺を抱きしめた。


大きな胸。チャンミン君の匂い。俺はうっとりする。
チャンミン君と結婚。


夢みたいだ。


そう。








そんなの夢だ。









「チャンミン君!そんな事できる訳ないだろ?」
「どうしてですかっ!」
「何を考えてるんだ。結婚って俺達男同士なんだよ?」
「分かってます。だから養子縁組を…っ。」
「そんな事しちゃいけないっ!俺はともかく、チャンミン君はまだ学生だろ?!ご両親だっているんだしそんな事勝手にしちゃ駄目だ!自分が後悔するっ!」
「僕は後悔なんてしませんっ。」


チャンミン君の目はまっすぐだった。


でも。
俺だって負けないくらいまっすぐだったと思う。


俺はチャンミン君が好きだから。


守りたかった。


「とにかく結婚なんて出来ないし、養子縁組なんて俺はするつもりないから。」


チャンミン君にはちゃんとした人生を進んで欲しかった。


ちゃんと学校を出て、就職して。
結婚して子供を作って……。


俺みたいに失敗しないでちゃんと。
幸せになって欲しい。
それは。
好きだから。


チャンミン君が大事だからそう思う。


「嫌です。僕は諦めません。」
「チャンミン君。とにかく僕達は引っ越すから。最初の約束通り、1ヶ月たった。同居はもうおしまいだ。」
「ユンホさん!」


チャンミン君は泣きそうな顔をしてた。


「ユンホさん……好きなのに。」
「俺だって好きだよ?」


じゃあどうしてだとチャンミン君は言った。


好きだからだ。


好きだから。









だから。











チャンミン君とは一緒に暮らせない。





























*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/08/09 (Wed) 00:52 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/08/09 (Wed) 01:27 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/08/09 (Wed) 20:53 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント