僕を好きになって下さい。#2 - 僕を好きになって下さい。
FC2ブログ
See more details
Title List

僕を好きになって下さい。#2

朝目が覚めるとそこに憧れてたシチュエーションがあった。




























カーテンの隙間から日差しが差し込むベッドで二人寝転んで朝を迎える。
ユノヒョンはまだ眠っていて僕が先に目覚めて朝ごはんを作るんだ。
僕はユノヒョンのおでこにキスをして体を起こした。


まるで映画のワンシーンの様な朝。


二人で朝食を食べて二人で一緒に仕事に向う。











そんな僕の小さな憧れは。












ここにはなかった。


























「ヒョン?ヒョン?!」


僕が目覚めた時、隣にユノヒョンの姿はなかった。
トイレかなと思って探してみる。
シャワーの音は聞こえなかった。


リビングにも、どこにも、その姿はなくて、あっさり、玄関を見てみれば靴がなくて帰ったんだ…って分かった。


僕は一瞬夢だったのか?と思う。


でも確かに僕はこの手でこの体でユノヒョンを抱いた。


『いやだ………っ。いや………っ。』


ユノヒョンはそう言って、あのどうかすると厳しくも見えるアーモンドアイに涙をいっぱい浮かべて何度も嫌だと言った。
そんなユノヒョンを僕は結局最後まで抱いた。


「………ヒョン……。」


怒って帰ったのかな。
僕と顔を合わせるのも嫌だったのかな。
もう……嫌われたかな。
もしかしたら口もきいてくれないかも。


それでも今日は仕事で顔を合わせる。


「………謝ろう……。」


僕は何をやっているんだろう。
こんなにユノヒョンが好きなのに、あんなにユノヒョンを泣かせて……。


兎に角会ったら謝ろう。
そして好きなのは本当なんだって伝えたい。



一つの嘘もないんだって。





















時間が来て、マネヒョンが迎えに来た。
僕がワゴン車に乗り込むとユノヒョンがもう乗っていて顔を伏せていた。


「あ……おはようございます。」
「ん、おはよう。」


一言挨拶を交わしただけで、会話は途切れた。


運転席にはマネヒョンがしたし、下手に話す事も出来なくて僕達は黙ったままだった。
一番後部座席に座ってるヒョンの前で僕はマネヒョンを気にしながらヒョンを振り返る。
ヒョンは相変わらず、顔を伏せていた。


顔……見れないか…。
僕の顔……見れないよね?


それでも僕はユノヒョンを気にして振り返りながらユノヒョンを見てると、ユノヒョンが不意に顔を上げた。


「…………!」
「…………!」


何でか二人してびっくりして、ユノヒョンはその後みるみる顔を真っ赤にしていった。


可愛い……。


そう思った僕。


顔を反らしてしまうユノヒョン。
でも耳から首筋まで真っ赤で。
それが僕にはとても色っぽく見えてしまって僕まで顔を赤くした。


でもそこで何か言葉にしたらマネヒョンに聞かれてしまうし………。


一言、謝りたかっただけなのに。
それが出来ずに、僕はイライラとする時間を車中で過ごした。












でもそれは車を降りてからも続いたんだ。


スタッフや、マネヒョンが僕達を二人きりにはしてくれなかった。
それは今更だけど仕事中僕達の周りから人がいなくなる事はなかったんだ。


結局ずっと謝れないまま、僕は一日昨夜のユノヒョンを頭から消し去る事が出来ずにいた。


しょうがないから、帰ってからヒョンの家に行こうかな……。
どうせユノヒョンの家から先に送るだろうから、話しがあるって一緒に降りちゃおう。


「ねーマネヒョン~。」
「どうしたユノ?」
「俺ね、今日約束があるから帰りの送りいらないや。」
「そうか。分かった。」
「え?」


え?どこか行くの?


「じゃあチャンミン、5分後に出るぞ。」
「あ………はい。」


結局その日は謝る事が出来ずに終わってしまった。











もしかして避けられてる?












そう感じたのは間違いじゃなかった。














それっきりユノヒョンとは別の仕事だったり、一緒でも相変わらず誰かが傍鬼いたり、約束があると帰ってしまったり…














全く話をする事が出来なかったんだ。



























*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/07/12 (Thu) 02:04 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント