天使と天使のお話。(短編) - real
FC2ブログ
See more details
Title List

天使と天使のお話。(短編)

「……………………。」


俺は急いで家に向ってた。
チャンミンのいる家に。





























「ただいまぁ~。チャンミン~!!」
「おかえりなさい。」


俺は帰るなりチャンミンを呼ぶ。


何処にいる?


「チャンミン~。チャンミン~。」


チャンミンを探して部屋を一つずつ見て回る。
チャンミンは洗面所で洗濯機を動かしていた。


「あ。ユノも洗濯物あるんなら今出して。一緒に洗っちゃうから。」
「待って。」
「待てません。もう回すから。」
「待ってって…。」
「何。」


俺は洗濯機の前のチャンミンに後ろから抱きつく。


「おわっ。」
「チャンミン………。」
「何。いきなり。どうしましたか?」


俺は腕を回した先のチャンミンの腹を弄る。


「ちょ……。」


明らかに訝しげな顔をしたチャンミン。
俺は追い討ちをかける様にチャンミンに言った。


「チャンミン。子供欲しい。」
「は?」
「子供作ろう?」
「はぁ????」


俺はチャンミンに腕を掴まれて、抱きついた腕を剥がされると両手を上に吊るされた。


「ちょと……何するの?」
「あんたこそ、何言ってるんですか?どうせあれでしょう?ジヘチャンの子供を看てきて欲しくなっちゃったんでしょ?」
「なんでわかるんだ?!」
「わかりますよ。っていうか今日は仕事で赤ん坊看て来るて言ってたじゃないですか。」
「そうだっけ?」


チャンミンは俺を離すと、手際よく洗濯機に洗剤を入れてスタートボタンを押す。


そして移動。


俺はその後を着いて回る。


「なぁ~。俺、すげぇ目覚めたんだよ。母性に!」
「………母性?」


ついでにクイックルワイパーを片手に廊下を歩いて、途中でトイレ掃除をして、又廊下を歩く。
クルクルクルクル。行ったり来たりするチャンミンに俺はは着いて周り、チャンミンに言った。


「もぉきゅんきゅんするんだ。」
「へぇ。」
「すげぇ可愛くてちっさくて、天使みたいなんだぜ~っ。俺も子供欲しくなったんだ。」
「そうですか。」
「んで考えたんだけど絶対チャンミンの子がいい。って。」


チャンミンは立ち止まって、急に立ち止まるもんだから俺はぶつかる。


「あんたねぇ。」
「痛い。」
「僕は男ですし、あなたも男ですし。子供なんて出来ないですから。そんな嬉しい事いってもだめです。」


そんなの知ってる。


「でも今なら出来そうなんだよ~。」
「どんなんですか。出来る訳ないでしょ。」
「できるもんっできるっ。」
「なんですか。それ。新手のエッチの誘い?」
「そうだよ?子供作ろう?」


俺がそう言うとチャンミンはやっとその気になったのかクイックルワイパーを廊下に置いて俺の手を引っ張った。


「じゃあ。奥の深い所に僕のぶち込んであげますよ。」
「………。」


耳元でそうチャンミンに囁かれて俺はゾクゾクってする。





あぁ。






マジ出来そう……。




















手を繋がれて、ベッドに連れて行かれ、抱かれる。


「あ……っ、あっ。」
「ほら、ほらっ。どうですか?」
「あ………ん……ぅ。」


チャンミンの長いのが俺の奥で突き上げる。


「あ………っ、や……っ。奥、奥、すご…すご…チャンミ………っ。」
「ふ……んっ、ふ……んっ。」
「チャンミン……っだめぇ……でき…………できちゃ………っ。」
「出来るの?」
「う……ふにゃ………でき………りゅ………ぅっ。」
「出来ちゃえよっ!」


チャンミンが俺の奥の弱いとこを思いっきり突いた。


俺はその一撃にふぎゃってなって思わず先端から飛び出た。
そこを突かれる度ところてんみたく俺は何度も飛ばした。


「あぁ………っ!あ………はぁ………んはっ!」


すご………。

















「はぁはぁはぁ…………。」
「はぁ………ぁ、チャンミンのがお腹で………うようよしてる。」
「はぁはぁ……馬鹿な事言ってないで、ほら出しますよ?お腹壊します。」
「まってっ!」


チャンミンが俺の孔から自分の出した精液を始末しようとする。


「や……っ待ってって。今日は出さない!」
「何言ってますかぁ?!マジで子供作る気かっ!腹おかしくなりますよ!」
「……。」
「………。」


でも、出しちゃったら…チャンミンの子供が。
出来ない。


「………出来ないって言ってるでしょ。」
「出来るもん……。」


俺は今日、バカな事ばっかり言ってるのは分かってた。
でもジヘの赤ん坊を抱っこして、オムツ変えて、ミルクやって。
あんなかわいいの、みてたらどうしても俺も欲しくて。


チャンミンにあげたくて。


チャンミンにあげれない俺がすごく哀しかった。


「ほらっ。ケツ向けなさいって!」
「やだってばぁー!」
「ユノっ。」


天使。


俺とチャンミンのところに、天使は来ないの?


「あのですね。ユノ。僕は子供なんていりませんよ。」
「………。」
「あなたがいるからいいです。」
「………。」


そんなの慰めにしか聞こえない。


きっとチャンミンだって。
チャンミンのお父さんだって。
チャンミンのお母さんだって。
チャンミンの妹達だって。


チャンミンの子供が欲しいはず。


でも俺にはつくれない。


「ユノは僕じゃ足りませんか?」
「俺はいい。俺はいいんだっ。」


俺は我慢できる。


「僕だっていいです。」


そう言って俺のほっぺにキスするチャンミン。


「天使は一人いればいい。僕の天使。ユノ。」
「………/////。」


チャンミンは俺と一緒に横になって鼻と鼻を寄せてすりすりした。


「………チャンミンって………キザ//////」
「本当ですから。」
「………////。」
「こんなかわいらしい天使がいるんで、ぼくはもう天使はいらないんです。」


本当に……チャンミンは……。
そう言う事普通に言う/////。


「かわいらしい……ってバカにしてるだろ?」
「ほらっ!バカ言ってないで早く出さなきゃ!!」
「あ……っ。」


チャンミンが俺を抱き締めるようにしてお尻に手を回す。


ティッシュを何枚も取ってチャンミンは俺のお尻に当てると、孔に指を突っ込んだ。


「ぁ………ぁ。でる………。」


チャンミンがいっぱい出た。
チャンミンはチャンミンを綺麗に拭き取ってくれる。


俺はチャンミンの肩口でふるふる震えながらそれに耐えた。


バイバイ。


捨てられるだけのチャンミンの精子ちゃん。
ごめんね……。


やっぱり哀しいな…。


俺にも子供が作れたらいいのに。


「ユノに赤ちゃんなんか出来たら赤ん坊にユノを取られてしまうじゃないですか。」
「そんな事。」
「このおっぱいも赤ん坊のものになっちゃうんでしょ?いやですよ。」
「チャンミン///。」


チャンミンは俺の胸の突起を弾く。


「ユノは僕のだし。僕はユノだけでいいから。」
「………うん。」
「ユノは?」
「俺は………。」
「何。僕じゃ駄目なの?!」


そう言って頬を膨らましたチャンミン。
かわいいチャンミン。


俺だってチャンミンがいればいい。
いいんだけど…


なんか複雑だった。


でもこれ以上の幸せなんて贅沢だ。


「チャンミンは俺の天使だ。」
「そうでしょう。そうでしょう。」


満足気なチャンミンは俺を抱き締める。


俺はチャンミンの天使で、チャンミンは俺の天使。
それで十分だ。











でもかわいかったんだよなぁ。
ジヘの赤ちゃん。






欲しい。
欲しいけど。





















又会いに行こう♡
そうしよう♡



















いつの間にか寝息を立てるチャンミン。
俺は暫くその寝顔を眺めて、そしてその横で俺も目を閉じたんだ。







繋いだ手と手が温かくてとても幸せな日の終わりだった。














































おしまい。
--------
遅くなりました~~~
さらっと書くつもりが落ちがつかなくて~~~時間かかっちゃった。

え?誰?
ママユノガ見れると思った人(笑)

私ですよ?
まずエッチを妄想します(笑)

でも意外におセンチなお話になりました。ww

ジヘチャンの子供かわいかった~~~~

でも私にはそれ以上にユノがかわいいwwwww

ユノとチャンミンが私にとっては一番の天使です♪
と言うお話でしたwww

短編なんて久し振りにかいたなぁ~。
楽しんでいただけていたら嬉しいです。

読んで下さってありがとうございました!!!


又0時に「僕を好きになって下さい。」でお会い致しましょう!





*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m


にほんブログ村

関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/09/08 (Sat) 21:47 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/09/08 (Sat) 21:56 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/09/08 (Sat) 22:00 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/09/08 (Sat) 22:34 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/09/09 (Sun) 07:00 | # | | 編集 | 返信

チカさんこんばんはー❤︎
忙しい中コメ返頂き恐縮です。ありがとうございます^_^
ユノ次長観てウハウハ❤︎してたら、オタクの恋一気読みの後、ここにたどり着きました!
愛の見える形が子供、となるんでしょうかね?
ほんとにチャンミンとの子供欲しそうなお天使ユノになんだか切なくて、うるっT^Tときました!
エッチが叶ったユノ次長とチャンミンの続きも楽しみにしながら、またまた前作品の旅にでますねー^_^チカさん、いつもお楽しみをありがとうございます(^^)

2019/12/12 (Thu) 22:10 | パピコ #RDf6jfWE | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/12/17 (Tue) 15:16 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/12/23 (Mon) 18:18 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/12/23 (Mon) 18:18 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント