See more details
Title List

そして僕達はオレンジ色の恋をする。season9 #13

ミンホ小説です。
ユノが受けです。

ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。










気が付かなかった。







どこにいてもいつも傍にあったチャンミンの俺への視線とか気遣いとか
自然だったそれを今日は一切ないと感じてそんな事を知った。


本当に身体の事も心配されてなんかいないんじゃないかって
思わせた。


「……ふぃ。」


椅子に座って小さな息を吐く。


なんだろうな。
分かってんだけど寂しい。
本当に全く構わずかよ。


俺。


どんだけチャンミンの存在に甘えてたんだろう
ってそんな事に今、気が付かされる。


きっとただチャンミンに救われてた。
チャンミンの笑顔とか
チャンミンの仏頂面とか
チャンミンの真剣な顔とか
どんなチャンミンでも傍で感じてるだけで俺の何もかもはチャンミンに向かって、
こんなに身体の痛みばっかりにも神経が集中してらんない程。


俺はチャンミンでいっぱいになってた。










それを失くすなんて











簡単じゃない。










痛いのは身体の痛みだけじゃない気がした。
それでもこれにもきっと馴れる。








直ぐ、平気になる。












俺はそう信じた。













「顔が死んでますねぇ~。」
「…え?」
「何?」


突然チャンミンに声をかけられて驚く。
その驚いた俺にチャンミンが驚いた。


「何でもないよ。」


チャンミンはとっても自然だった。
そうだ。喧嘩してる訳でも何でもないんだ。
こうやって会話するくらいは普通にあっていい。
でも俺達にはお互いの間にいつにない距離があった。


「コレあげます。」


チャンミンが俺に向かって投げた塊。
それはふんわりと宙に浮いて正確に俺に届いて腕の中に落ちてきた。
ふわっと飛んできたそれは俺の腕の中でもふわふわとして気持ちが良かった。


「ゲーセンの景品だって。
僕いらないっていうのに押し付けられて。ユノにあげますよ。」
「へー…。クマ?!」


それは可愛いらしいクマの形に模られたクッション。
ふわふわふかふかしていて肌触りがいい。
女の子が喜びそうなものだった。


「……俺もいらないけど…。」
「抱っこして寝たら?」


チャンミンは手を顔や腰しの周りでひょいひょいと動かして何かを伝えてるみたいだった。


「…あー?」


多分これをクッションにして寝ろと言うジェスチャー。
確かに腰が楽かもしれない。
それにしたって可愛すぎる。


「だからってこれは恥ずかしいだろ。」
「はははっ!お似合いですよ?」
「っチャンミンの方が似合う!」
「ユノの方が似合いそうだから。」
「ふん…。」


チャンミンは口の端を上げて掌をひらひらとさせるとここから去って行った。


「意味わかんない。」


何が似合うだ。
絶対可愛すぎる。
俺はチャンミンがくれたクッションを椅子に敷いて座った。
確かに楽だった。
座った時の椅子の固さを感じなくていい分お尻と腰にかかる負担が格段に減少される。


「…。」


一応心配しての事だろうか…?


「……。」


なんだ。
どうする?
ヤバイ。







嬉しい…。








くだらない事で喜んでいるってわかってるけど
止まらなかった。
嬉しくて顔がにやけてそれに気が付いて頭を振った。


「どうしたんですかー?」


そこにやってきたスタイリストさんに不思議がられる。


「何でもないです。」


俺は変な所を見られたって思って照れ笑いをした。


「それどうしたんですか?」
「え?あぁ。これ?チャンミンがくれたんだけど…可愛すぎてさ。」
「あはははっ、確かにユノさんには可愛すぎますよね。」
「だろ?」
「で?お尻の下ですか?」
「ん?ははっ。そう。そうしか使えない。
抱える訳にいかないだろコレ。」
「あはははっ!ですよね。
お互い嫌がらせですかソレ?」
「うははっ!そうかな。あげよっか?」
「いいです~。」


そう言ってその子は笑った。
あげないけど。



あげたくない。





だってチャンミンが俺の為にくれたから。






早く終わんないかな?






早く一日が終わったらいいのに。






仕事が終わって帰って
早くチャンミンと二人で過ごしたいな。






早く。







早く。
















なぁ。早く。












次へ→



↓ランキングに参加しています。励みになります。ミンホを応援してくださいっ。(*ノノ)

fc2.png
 
↑チャンミンの頬っぺたをポチっとお願いします(笑)



にほんブログ村 小説ブログ 二次BL小説へ にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ banner (1)
こちらも是非m(_ _)m



関連記事

COMMENT

セツナイ

ユノ氏も好きです☆

どうもTIME ツアーでは、くっついてる…と聞いてますが、どうでしたか?
名古屋も最高と、いろんな所に書かれてて、気になる(>_<)

二人はいつも謙虚で元気で面白くて…あぁ、何を書いてるの?私ったら(;_;)
新人ペンなので、U型テレビのインタビューとかつべで見ると萌え萌えになってしまいます(^-^)

早く続きが読みたいわ!
二人の幸せを約束(?)してくださってありがとうございますm(__)m

ちなみにスカイはD社(コーヒーで有名)の自動販売機で買いました。(すみません、いつまでも引きずって…)

では、体調に気を付けて、無理しないで下さいね!

2013/05/11 (Sat) 20:02 | スカイ #- | URL | 編集 | 返信

買い物の途中で、リ〇ックマクッションを見かけて思わず買いそうになりました。(笑)

クマは絶対に押しつけられたゲーセンの景品なんかじゃないですよね?
きっとチャミが誰かに買ってこさせたんですよー。
チャミの照れ屋さん❤

2013/05/12 (Sun) 16:07 | ゆゆ #- | URL | 編集 | 返信

Re: スカイ様。

スカイさんこんにちは(○´ω`○)ノコメントありがとうございます(*_ _)人
なんかTIMEではユノが近い近いって私思ってました(笑)ガンガンちゃーたんに寄って行くから私ホミンかと思っちゃいました(๑′ฅฅ‵๑)可愛いとかお前とかって発言がねユノをイケイケに見せて萌萌萌!!!
同じく新人ペンです(○´ω`○)ノ切ないユノ萌同じで嬉しいです!これからも一緒に萌てください(○˘︶˘人)♡
あぁ。D社ね(笑)今度探してみます(笑)

2013/05/13 (Mon) 15:52 | チカ* #SFo5/nok | URL | 編集 | 返信

Re: ゆゆ様。

ゆゆさんいつもありがとうございます(○˘︶˘人)♡
あぁリ〇ックマ(笑)そうそうそんな感じ(笑)
ちゃーたん自らムキになってゲーセンで取ってたらそれもかわいい(笑)
ユノのためならいくらでも小銭使っちゃって取れるまでやりそうです。

2013/05/13 (Mon) 16:04 | チカ* #SFo5/nok | URL | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント