See more details
Title List

再UP拍手お礼文七夕編。

本日もサマバレ。
楽しめる準備はOK~?(笑)

今日のは実は再UPのお話になります。
実はもう一つのサイトで拍手のお礼文として上げたお話です。
去年の七夕のお話です。
内容がファンミになってる。(笑)

どれだけの方が見たことがあるか…(汗)
見たことある~つまんな~いと思われる方もいるかと思いますが。(苦笑)
私は個人的にすげぇ自然にいちゃいちゃしてて好きな七夕ネタです(笑)
なので見たことない人もいるかもと思って再UPします。

楽しんで頂けたら嬉しいです。





ミンホ小説です。
ユノが受けです。

ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。










日本で開催されたファンミーティング。
神戸に場所を移して初日の今日も大盛況に終わり明日で最終日。
ユノはふわふわとした気分でホテルの部屋で過ごす。
明日もあるからスタッフやダンサーとも早めに打ち上げを切り上げて各自部屋へと戻って行った。
でも大概ステージに上がった日は興奮してなかなか寝付けない。


「んーー。」


ユノは時計を確認してから携帯を手にする。ディスプレイに表示されるいつものボタンをタッチしていく。
呼び出し音が鳴って耳に当てるそこに表示されているのはチャンミンの名前。


プルルルル…。
プルルルル…。
プルルルル…。


途切れる事なく鳴り続ける呼び出し音に、寝ちゃったのかと諦めて電話を切って携帯をベッドに放り投げた。
チャンミンは結構ビールを飲んでいたから直ぐ寝れたんだろうな。
ちぇ。と心の中で舌打ちをした。
寝るしかないと。ユノはベッドに丸まった。


でもガバリと起き上がった。


「今日七夕じゃん!」


ユノはもう一回時計を確認する。
日付がかわるにはまだ少し時間があった。
それから部屋の中を見回す。
最上階のそこには大きな窓があったけどカーテンがひかれていた。
外から見られることを警戒して開けることも外を覗く事も暗黙の了解として避けている。
それでもユノは外を確認してみたかった。
今日の天気はどうだったか。
天の川があるのか。
織姫と彦星は一年に一度の今日出会えたのか。


少しだけなら…。


ベッドから降りて窓際に向かう。
カーテンに手をかけたその時携帯が鳴った。


「っビックリした…。」


なんとなくいけないことをしている気分があったからだろう。着信音くらいで必要以上に驚いてしまっている自分が可笑しかった。
ディスプレイの文字はチャンミンだ。
ユノはちょっとだけ胸を弾ませて。
残りは電話した事でチャンミンの機嫌を損ねていないかと不安に思いながら受話ボタンに触れる。


『ユノ?どうしました?』
「ごめん。寝てたか?」
『いいえ。今コンビニ行ってたんですよ。
マネージャーと。携帯持っていくの忘れてました。』
「えーーっ。ズルい俺も行きたかった!」
『ユノにプリン買って来ましたよ。こっち来ますか?』
「行く!」


そのままチャンミンの部屋まで走って行った。
プリンプリン~♪
鼻唄でも聞こえてきそうにユノは浮かれていた。
プリンだけにじゃなかったけど。
チャンミンが自分にプリンを買って来てくれたことに。
今日はもう諦めていたチャンミンに会えるって言うことに。
たったそれだけの事にユノは浮かれていた。


「ウマーーい!」


向かいの椅子に座って頬杖をついたチャンミンがそう叫んだユノを見ながら優しく笑う。


「何?」
「いえ。そんな嬉しそうな顔をして。
ユノ・ユンホは安いですねぇ。165円。」


そう言ってチャンミンは笑った。


「いくらだって美味しいものは美味しいよ!」
「買って来た甲斐があります。」


チャンミンは本当に買ってきて良かったと思った。
おそらくユノならプリンじゃなくても同じように喜んで見せたんだろうけど。


「あ!!外!!!」
「え?」
「外どうだった?」
「何が?」
「天気!」

チャンミンは理解できないユノの会話に苛立ちを覚える。
ユノの会話の切り出し方が時々突発的で、しかも主語やなんやらが一切無視されたもので理解に時間がかかるのだ。


「ユノなんの事かサッパリわからない。」
「だからー。今日七夕だろ?どうだった?天の川見えた?」


チャンミンは少し考えるフリをして敢えて気にしてみていなかったから答え方に迷う。
でもこんな都会の空に天の川が見られるとは思えないし、良く考えれば小雨が降っていた。
車からコンビニに降りただけの距離で傘まではいらなかったけど確かに降ってたな。と思い出した。


「気にして見なかったですけど雨降ってましたね。」
「ホント?」
「えぇ。」


ユノは嬉しそうに身を乗り出して聞く。


「じゃあ彦星と織姫は会えたんだ。」
「…まぁ。そうですね。」


ニコニコとプリンを口に運ぶユノを見ながら又笑みを隠せないチャンミン。
そんな伝説の様な話でそこまで嬉しそうな顔ができるユノに呆れると言うか微笑ましかった。
チャンミンはこの手の話にたいして興味もなかった。


「でも日本では雨が降ると天の川が見えないから二人は会えないと言われているようですね。」
「え?そうなの?!じゃあ哀しいじゃん!!」
「ですねぇ?」


韓国では年に一度会うことの出来る二人は嬉しくて涙を流し再会を喜んでいるとして毎年七夕は雨だと言われている。
2日続けて雨ならば別れを悲しみ流す涙の雨なのだと。
国によって言い伝えは違う。
韓国の方が少しロマンチックな言い伝えになっている。


あくまでも言い伝え。伝説である。


そんなことに一喜一憂するユノの方が信じがたい。とチャンミンは思った。
すっかり傷心のユノの顔にチャンミンは呆れる。


「別に韓国の方を信じればいいんじゃないですか?あなた韓国人だし。」
「まぁね…。でも今は日本にいるからさ…。なんかこっちの言い伝えを信じちゃうな。」



まったくつまらないことに真剣でチャンミンは可笑しかった。
正直どっちでもいい。とチャンミンは思う。


「あれでしょ?七夕って星に願いをする日でしょ?」
「うん。」
「ユノに僕の分あげますから自分の分と彦星と織姫の幸せでも願って下さい。」
「えーーー。それじゃあチャンミンの願い事はどうすんだよ!?」
「いいです。」


どうでもいい。
現に去年願った訳でもない。今年願えなくても痛くも痒くもないとチャンミンは思った。
小学生の低学年位からしてないんじゃないか?ってくらいだ。


それでもこの目の前のかなりロマンチストな人の為にチャンミンは言葉を探す。


「あー僕はぁ…ユノがぁ…。
幸せならいいですから?とか。」
「……あ。嘘クサい。」
「ハハハ!」
「似合わない。」
「ひっどいですねぇ。」


ユノはチャンミンが言った嘘っぽい言葉じゃ満足なんて出来ない。


「正直あまり信じてないので。」
「でしょうね…?」
「どうでもいいです。」
「ひゃはーはーはー!!」


ユノはプリンのスプーンを持ったままソファーの椅子に引っくり返る様に笑った。
そのいくつになっても無邪気な様子になんとも言えなくなる。


「ま.…。必要ないですね。」
「えー?」


ユノは最後のプリンのカラメルまでしっかりすくって食べた。
必要ないって言ったチャンミンを見ながら不思議な顔をして。


「ちょっと。溢れてる!!」
「あ?ホントだ。」


そう言って指でズボンに付いたプリンを拭い取ってその指を舐めた。
そんなユノを見て、とことん呆れるチャンミンだった。
ティッシュを取ってユノに渡す。
ユノは別にいらないけどと思いながらそれでズボンを拭いてこれでいいですか?とチャンミンに伺うように顔を見た。
取り敢えず納得のチャンミンとひと安心のユノ。


「あーー?なんだっけ?何の話してた?」
「はっ。」


呆れ続きのチャンミンは短く笑ってユノの頭を見て思う。
このフワフワの髪型がユノを一層アホに見せるなぁ。と。


「願い事の話でしょ?」
「お!それそれ。それだ。」
「僕は驚く事に幸せ真っ最中なので願い事は必要ありません。」
「そっか。ん?なんで驚きなんだ???」


こんなユノ相手にそりゃ驚く。


「そんな事言ったら俺も必要ないか?」
「そうなんですか?」
「うん!俺も幸せーーーー。」


そう顔を破壊させて空っぽのプリンの容器にまだスプーンを突っ込んで少しのプリンを舐める。
プリンでそんなに幸せになれるなんてとチャンミンは又呆れる。
幸せの対象が自分にとってはユノで、ユノにとってはプリンなんだろうって思う。


「よし。じゃあ二つ分彦星と織姫の為に願っちゃおう!」
「太っ腹ですねぇ~。」
「まーね!」


ユノはソファーにふんぞり返って言った。


「俺シアワセだもん!」
「ハハハっ!一緒ですねぇ~。」
「一緒だよ?」
「一緒ですか?」
「うん。」
「プリンでしょ?」
「バーーーカ。ひゃはーはー!」


ユノはフワフワな髪でフワフワ笑って言った。


「チャンミンでしょ?」



チャンミンは身体を起こすとソファーにふんぞり返るユノに覆い被さって唇を重ねた。
甘ったるさとほろ苦さの入り混じったプリンの味がするとチャンミンは思った。


今日は年に一度。彦星と織姫が再会すると言われる幸せな日。
ここには年中幸せな二人がいました。とさ。













おわり。




ランキングバーが新しくなったの♫
皆でポチポチ押して応援してやってください(*ノノ)

↓ランキングに参加しています。励みになります。ミンホを応援してくださいっ。(*ノノ)
fc2.png

↑一日一回チャンミンの頬っぺたをポチっとお願いします(笑)

にほんブログ村 小説ブログ 二次BL小説へ banner (2) にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ

関連記事

COMMENT

あ~…、ほんとにユノはこんな人であってほしい…!!
てか、絶対そう!!

チカしゃんの描く二人が、まじで大好きですっ(;´Д`)

確かに自然にイチャイチャしてますね~~(*´∇`*)
「平和」って感じ!!

さあ、明日は誰に会えるのでしょう(≧∇≦)

2013/07/09 (Tue) 21:41 | マツ子 #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/07/09 (Tue) 22:21 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/07/09 (Tue) 22:41 | # | | 編集 | 返信

会話が、お互い分かってて言葉遊びしてるの?ってぐらい、素敵です\(^_^)/

フフ、私も明日プリン買って食べよっかな(>_<)

誰も買ってくれないから(TT)自分でーー(;_;)
明日も楽しみです\(^_^)/

2013/07/09 (Tue) 22:49 | スカイ #- | URL | 編集 | 返信

大好き

なんかですね
ここの2人はkっわいい
更新早くって嬉しいです<(_ _)>でも無理はしないで! 

ユノもチャミもしあわせいっぱいでうれしいです!
そしてチャミは表現が分かりづらいけど、ユノが大好きなのが伝わってきます。
そうこんな感じの・・・

そしてユノが可愛い
チャミ大好きがストレートv-10

チカさんのミンホ 私の好物です(笑)

2013/07/09 (Tue) 23:03 | ぱこ #Hbje2Y.g | URL | 編集 | 返信

Re: マツ子様。

マツ子さん(๑´ㅂ`๑)♡*.+゜
うんユノはこんなんです(笑)かっこいいくせにやたら可愛い(*๓´╰╯`๓)♡
ありがとうございます(*_ _)人好きだって言ってもらえるの本当にマジで嬉しい(๑′ฅฅ‵๑)♡
いつも不安で死にそうだから…(๑′ฅฅ‵๑)♡
ありがとう!!サマバレ…まだまだよろしくお願いします!!!

2013/07/11 (Thu) 16:04 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re: 鍵コメゆ・様。

ゆ・さん(๑´ㅂ`๑)♡*.+゜
嬉しいです。このお話。個人的に凄い甘くて好きでプリン食べるユノが想い浮かびすぎてたまらない(笑)
だから同じ萌。嬉しいです~~!ありがとうございます!!!
そうそうコンビニプリン。小さいのよね。スプーンもあれを何度も舐めてるユノに死にそう…(๑′ฅฅ‵๑)♡

2013/07/11 (Thu) 16:11 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re:鍵コメ 柚・様。

柚・さん(๑´ㅂ`๑)♡*.+゜
いつもありがとうございます(*_ _)人
再UPに関して喜んでくださって良かった……。本当に嬉しいです(๑´ㅂ`๑)♡*.+゜
私のお気に入りの二人だったので皆さんに見てもらえて良かった!!過去のリアルな七夕のネタだしこっちであげる事はないと思ってました。
うん。自分の中で色々あってこちらに引越しして、もう一つのブログに関しては同じものなのでご紹介するまでもないと思ってます。
今は。←いつかは違う系のお話を置いて行きたいと思ってますよ(๑´ㅂ`๑)♡*.+゜
リンクができないのでね…残念ですが、いつかはご紹介できたらなって思ってます。(๑´ㅂ`๑)♡*.+゜
その時には またよろしくお願い致します(*๓´╰╯`๓)♡

2013/07/11 (Thu) 16:38 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re: スカイ様。

スカイさん(๑´ㅂ`๑)♡*.+゜
プリン食べたくなっちゃいますね(笑)確かこれ書いてた時コンビニプリンにハマってたんだと思う。
絶対ユノは好き(笑)と思って(*๓´╰╯`๓)♡チャンミンは食べなくてもユノはきっとペロペロ食べると可愛いっとおもって書いてまいた(笑)
読んでくださってありがとうございました(๑´ㅂ`๑)♡*.+゜

2013/07/11 (Thu) 16:52 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re: ぱこ様。

ぱこさん(๑´ㅂ`๑)♡*.+゜
読んでくださってありがとうございます(*๓´╰╯`๓)♡
今回は少しの無理もなく書くことができました・:*゚☆こうやってぱこさんが喜んでくれると嬉しくて又元気が湧いてきます(*๓´╰╯`๓)♡
同じ好物みたいで嬉しいんです(笑)
又これからもよろしくお付き合いお願い致します(*๓´╰╯`๓)♡

2013/07/11 (Thu) 16:56 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント