See more details
Title List

そして僕達はオレンジ色の恋をする。-another sky- もう一つの空。ep.1 #13

ミンホ小説です。
ユノが受けです。

ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。










side-C










僕はあなたと進む道を決めた。











あなたが不安なのが僕にはわかる。
それでも僕は叶わない夢だと思いたくない。



例え未来が見えなくても。



あなたがそうするなら僕もそうする。
僕がそうしたいからそうする。



僕は頼りないかも知れないけれど
あなたの力になりたい。




待ちすぎて僕おかしくなったかな。
こんな気持ち。








ただユノヒョンの側にいたい。
ユノヒョンを一人にしたくない。







なんかそんな気持ちでいっぱいだった。









「寒いな………。」
「そうですか?」


寒いから帰ろうってあなたが言う気がした。
だから僕は少し強がる。


「寒いよ。自転車が余計だった。」
「はははっ。あなたが乗るって言ったんだ。」
「気持ち良かったけどな。」
「ですね。」


思いっきり風を切って走り抜けてスッキリしたのは確かだった。


「チャンミンこそ寒くないのか?」
「大丈夫です。」


だからまだ帰るって言わないで。


「ほら。」
「?」


僕が広げた手の平にユノの手を包み込む。


「あ…………ったけ。」
「でしょ。」
「なんで?」
「なんで?」


なんでだろう。


ピロロロロ〜ン…………。


携帯の着信音。
繋いだ手を離したくない。


それでもユノは手を引いた。


まだ冷たいのに。
まだ温まってないのに。
ユノは寒そうにポケットの携帯を探り出して着信を見る。
ユノはしばらく固まって携帯をポケットに戻した。


「ユノヒョン?」
「なんでもない。出なくても大丈夫なやつ。」


明らかにおかしい。
僕はなんともなくユノのポケットに手を伸ばす。
誰だか気になった。


「やめろっ。」


益々気になる。


「誰?」
「誰でもいいだろ。」


ちっとも良くねぇ。
着信音はそれなりになって切れた。
それでも僕はユノのポケットに手を突っ込んで携帯を探す。


「よせってっ!!プライバシーの侵害だっ!!」
「今までにそんなのがあった??」


5人で同じ屋根の下暮らし仕事も一緒。
プライベートなんてあったもんじゃない。
実際あんたが一番うざったかった。
リーダーぶってなんでも知りたがって。
仕切りたがって。
そんなあなたが僕は嫌で嫌で。
あの人の事しか考えてなかったあなたが僕にそうするのなんて納得できなくて。


「チャンミンっ。」


僕はユノの携帯の着信を見て愕然とする。


「ユノヒョン………。」
「だから出なくてもいいやつだって言ったろ。」


あの人。


あの人とまだ連絡を取り合ってたの?


「…………。」
「出た事はない。本当だ。」


僕は後どれだけ泣いたらいいの。
あなたを信じられない自分が嫌になる。


「…………。」
「たまにかかってきてどうしていいかわからない………。」
「分からないって………っ!!!」


あなたは困ってばかりなのに。
何もできない自分が嫌になる。


「んなのっ!!」
「チャンミンっ?!」


携帯を投げ捨てたかった。
手を振り上げてユノに名前を呼ばれて固まる。


冷静になるべきだと気付かされる。


「………すぐ着信拒否にして。携帯を替えて。」
「チャンミン……。」
「番号を変えるんですよっ!!」
「電話には出てないよ。」


あんたがそう言うんならそうなんだろう。
でも僕は嫌だ。
あなたの周りであの人がチラつくのには耐えられない。
あなただって辛いはずだ。


「仲良くやる気っ?!」


プルプルとユノは頭を振った。
そして「無理だ……。」と小さく言った。


だったら簡単な事だ。
僕はユノの携帯を操作してあの人達を着信拒否にして
あの人達の登録を削除する。
履歴も全部消してやった。
きれいさっぱり消え去ればいいと願いながら。


「チャンミン………。」
「もう。考える必要もない。」


あなたには。




あなたには。





「僕がいますからっ。」
「チャンミン……っ。」




何もいらない。
何も怖くない。





僕はただあなたのたった一人になりたいだけだ。








それは多分ずっとずっと前からの想い。









「これからは僕がいますから。」
「…………うん。」








掴んだユノの手は冷たくて。








あぁ。そうか。










僕の手が暖かいのはユノを暖める為だと思った。

















これが恋だと気付くのはまだまだ先の話になる。















*ランキング*参加中。


でかかった…










関連記事

COMMENT

ヨシ‼︎

チャンミン、ヨシ‼︎

2014/03/21 (Fri) 03:27 | 花 #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/03/21 (Fri) 16:25 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/03/24 (Mon) 09:31 | # | | 編集 | 返信

Re: 鍵コメあ・こ様。

あ・こさん(๑´ㅂ`๑)♡*.+゜
またあの人出しちゃった~(。-_-。)
あ・こさん怒るとおもいました(笑)
気にしない気にしない。ミンホミンホするためのスパイスですよ(笑)
まあ切ないですけどね………。
最後までお付き合い宜しくお願い致します。
吐いても~た~(笑)

2014/03/24 (Mon) 14:38 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント