See more details
Title List

君色想い。episode2 #18

ミンホ小説です。
ユノが受けです。

ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。











「ただいまーーーっ。」











うるさい声。
慌ただしい音。
パタパタとスリッパを鳴らす。


「うるさいっ!!キュヒョンがまだ寝てますよっ!!」
「あ?ごめん。チャンミンっ。」


こっちが小さい声で注意しても変わらぬトーンで謝るユノを。
やっぱり馬鹿だと思う。


「これ買ったんだ。」
「何ですかそれ。」
「携帯用の充電器。車で出来るんだ。」
「はぁ。」


って昨夜充電が切れてから電話してこなかったじゃないか。


「それが…………合わなかった。」
「…………それ。機種見ました?」
「さっぱりわかんねーーーしっ!!クソっ。」


クソっはこっちだ。
要するに努力はしたが連絡できなかったと言いたいんだろう。


「わかりましたから。まずは手を洗って。足を洗って。シャーワーは済ませたんですか?」
「うん。」
「じゃあそれだけして着替えたらご飯です。」
「…………おぅっ。」


ユノは用意してあった朝食に喜んで僕の言う通り素直に動いた。
清潔に関しては随分習慣づいてきた。


昨日の事は話したくない。
だからその間に僕は部屋に戻ってしまった。
朝食の用意だけして部屋に入ってしまった僕にユノがどう出るかはわからない。
とりあえず無視に限る。


僕も2日も徹夜してフラフラだった。
ユノがもしかしたらた訪ねて来たかも知れないけれど気がつきもせずグッスリ眠っていたのかも知れない。
起きたらユノはもういなかった。
仕事にいったんだろう。
辺りは真っ暗だ。


「良く寝てしまったみたいだな……。」


側にティービィーがいなかった。
僕は部屋を出てティービィーを探すとリビングからすぐ姿を現した。


「すまないな。ほったらかしにして。今餌をやるからな。」


スリスリと寄って来て一緒に歩く。
餌の用意をしている間きちんとお座りをして待つ姿はユノより行儀がいい。
そう思ってしまう。


いちいち、考えてしまう。



うざい男だ。

















『え?!何言って………。』


みたいな感じで最後携帯は切れたな。
何言ってって……クラクラする。


夢で見た女の名前を呼んだ事なんて覚えてないよな。
そんな事でキレられても困るだろう。
そんな事でキレる僕もどうかしてる。


なかった話にしてしまおうか。


でもあの人、さらりと『俺はチャンミンが好きだっ!』って言ったよな。
あぁ?あぁ……
考えれば考える程クラクラしてくる。


「寝よう……。」


僕は何も考えたくなくて餌を食べ終えたティービィーを連れて部屋に戻ると又布団に入った。
ティービィーがトイレに行けるようにドアだけはすけておいた。


僕はクラクラする頭を休めるように眠りに着いた。





















「チャンミン!!チャンミン!!!」


あ"ぁ"~~~~うるさい。


「チャンミンって!!!」
「なんだッ!!」


重たい瞼を開けるとそこにはユノがいて驚く。


「あんたッ!!金輪際、この部屋に入るなっていいましたよねッ!!!」


って叫んだら頭がキーーーンとなってクラァ~となって半分起こした体をベッドに沈みこませた。
なんだこれ……。


「チャンミン……大丈夫か?」


大丈夫じゃない。
出て行けッ!
それさえも言葉にならなかった。


「熱があるんだよッ。」


熱?


ユノが僕の額に手で触れる。


「やめッ!!!!」


触るなッ!!


「とにかく、待ってろ。」


待たないからもう来ないでくれ。
ちょっとおかしい。
熱?
僕熱があるのか???


そう言えばなんかクラクラしててベッドに入って。
昨日?
ユノがいるってことは??
おとつい??


ん?


ずっと寝てたのか?僕。


ティーービィーが「くぅ~ん」と情けない声で鼻を鳴らしてベッドの上に顔を見せた。
お前に餌もやらずにか?
すまない……。
となんとか手を出して頭を撫でてやる。


「チャンミンッ。キュヒョンはッ?!」
「さぁ。いないんですか?」
「なんで気が付かないんだよあいつッ。」
「出張か原稿もらうのに作家の所に泊まり込んでるんじゃないかな……いない事の方が多いんです。アイツは。」
「そうなのか?!」


って言うか部屋に入るなと何度言ったらわかるんだ!!この人はっ。


「もお……。」


泣きたくなる。


「とにかく熱測って。」


手を出してくるユノにゾワっとする。


「いい。自分でやる!あんた今帰ったんですか?手は?足洗った?!」
「何言ってんだよッ!!!こんな時にっいい加減にしろッ!!!」


怒った。
この僕に怒った……。


「帰ったらお前の部屋ドアが空いてっし!ティービィーが駆け出してきて中覗いたらチャンミンうなされててッ。」
「……はぁ……。」
「触ったらすげー熱あるしッ!!!びっくりすんだろッ!!!」
「ちょっと……ちょっと待って下さい……。」
「なんだよッ!!」
「じゃあ………。」


僕はまだ熱があるのかな???
頭がクラクラする。


つまりユノは帰ってから勝手にこの部屋に出入りしていたと言う事か?
それもユノは仕事から帰ったその足でこの部屋に入り
仕事から帰ったその手て僕の額に触れ……


いや、待ってくれ。


それはすごく嫌だ。



嫌だ。




嫌だ。






嫌だっ!!








僕は尚更、一層、クラクラして死にそうだった。








「大丈夫か?チャンミン。」
「大丈夫な…………訳無いです。風呂に………。」
「は??」
「風呂に入りたい………。」
「実はアホだろ?チャンミン。」
「じゃあ風呂に入って下さい………。」
「アホばっか言ってないで早く熱を測れっ!!」


ユノに首の所から体温計を持った手を突っ込まれて泣きたくなる。


「あ………っ。」
「何っ!!」
「本当に………やめて………下さいユノ…………っ。」


ユノは僕がそう言うとサッと手を引いて………言った。


「変な声を出すなよっ。」
「ふぇ……。」
「もおぉっっっっっっっ。じゃあどうすんだよ!!」
「自分で………やりますから…………っ。」
「こんな時にっ何言ってんだよっ!!」
「嫌なんです……嫌なんですよ……。」


どうしても。例え高熱があろうとも
人に触られるのは嫌だった………。
それもユノになんて…………。


「くそっ!!」


ユノは悔しそうな顔をして部屋を出て行った。






だって。








だって。











しょうがない。














-------------------------

オホホ。ミンホですよ。ミンホ。
ここのチャンミン弱すぎるっ(笑)


↓ランキングに参加しています。励みになります。ミンホを応援してくださいっ。(*ノノ)











関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/03/23 (Sun) 22:30 | # | | 編集 | 返信

Re: 鍵コメち・・ね様。

ち・・ねさん(๑´ㅂ`๑)♡*.+゜
あぁー〜君色を愛してくださってありがとうございます♡♡♡
なんだろうねこの二人。なかなかうまくいかないからきゅーってなる(笑)
一週間に一回だから私には丁度いいペースなんですが気になりますよね??
いつもお付き合いありがとうございます♡♡
又来週お会い致しましょう♡♡♡
コメントありがとうございました(*_ _)人

2014/03/23 (Sun) 22:56 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

チャンドラ弱すぎ(笑)

チャンドラってば潔癖すぎだ(笑)
ユノはめげずにアタックあるのみね!
がんばれ!

2014/03/24 (Mon) 00:08 | まろり~な #- | URL | 編集 | 返信

週イチの楽しみキター!!!
チャンミンどんだけ…(笑)
ついにユノ怒ったね。
けど、感情ってベクトル違うだけで本質は同じだからね、あと少しだね…!!

ミンホミンホしてぇ~~~!!!

2014/03/24 (Mon) 00:32 | マツ子 #- | URL | 編集 | 返信

Re: まろり〜な様。

まろり〜なさん(๑´ㅂ`๑)♡*.+゜
おぉ。コメントできたぁ?(笑)
うん潔癖チャンミンのお話だからね(笑)
ゆのなら頑張れる筈です(笑)
なかなかかっこいいチャンミン出てこなてるごめんねー。
コメントありがとうございました♡♡♡

2014/03/24 (Mon) 00:39 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re:マツ子様。

マツ子さん(๑´ㅂ`๑)♡*.+゜
毎週有難うございます♡♡
もうどんだけなんでしょうねチャンミン。
ユノがイラチですよ。
でしょうねぇ。好きな人に何もできないんですから(笑)
もう少しもう少し…………←本当かっ。
コメントありがとうございました♡
又遊びに来てやって下さい(๑´ㅂ`๑)♡*.+゜

2014/03/24 (Mon) 07:41 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/03/24 (Mon) 07:56 | # | | 編集 | 返信

Re: 鍵コメチャ・・・11様。

チャ・・・11さん(๑´ㅂ`๑)♡*.+゜
本当チャンミンはなかなか素直にいきませんね(笑)
そうですねユノだからかも♡
もうすぐ落ちるよ~もうすぐ
もうすぐ~(笑)
又来週もお付き合い頂けたら嬉しいです(*_ _)人
コメントありがとうございました(*´˘`*)♡

2014/03/24 (Mon) 14:30 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/03/24 (Mon) 15:20 | # | | 編集 | 返信

Re: 鍵コメあ・こ様。

あ・こさん(๑´ㅂ`๑)♡*.+゜
いつもコメントありがとうございます♡♡
もどかしそう……イラチなユノも萌えますよねぇ(笑)
チャンミンは恋煩いですかっ。で。熱って。どんだけ弱っちーんだ(笑)
今後もよろしくお付き合い頂けたら嬉しいです♡♡
又遊びに来てやって下さい(。>ㅅ<。)

2014/03/24 (Mon) 20:23 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント