See more details
Title List

Day2~love place~

ミンホ小説です。
ユノが受けです。

ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。








次にチャンミン君が現れた時、チャンミン君は台車にいろいろ積んで現れた。






「チョンさん。お待たせしました。」
「大丈夫。」
「じゃあ体を拭いていきましょうか。あ。おうちの方、タオル持って来てくれましたか?」
「うん。さっきちょうど持ってきてくれたよ。」

チャンミン君が引き継ぎしている間に母さんが着替えやタオルを持って来てくれた。
本当にちょうど良かったんだ。

「良かった。えーっと。……体は御自分で出来ますよね。」
「出来るよ。」
「ベッド少し起こしますね。足、痛かったら言って下さい。」

チャンミン君は手際良く準備をして熱いタオルをくれる。
足を気遣ってくれて届かない所は拭いてくれて助かった。
体を拭いた後は乾いたタオルで拭いてくれる。
最後に大事なところはもちろん自分で拭いたけど。
ちょっと照れる。

チャンミン君にとってはただの仕事だろうけど……。
男に体拭かれるなんてない。
チャンミン君は背中を見せたりしながら気を使ってくれて。
男同士でそれも照れる。
女の子じゃなくて良かったのかな。
……良くわかんないけど。
チャンミン君が良い男で良い体してるから余計自分を曝すのが恥ずかしかったのかも……?

とにかく何でも最後には本当にさっぱりした。
髪の毛も専用の洗うシートを使いタオルやなんやと上手に使ってベッドの上で手際よく洗ってくれたんだ。
本当に看護師ってすげぇ。

「どうですか?少しはさっぱりされましたか?」
「もう。バッチリ。本当にありがとう!!」
「いいえ。良かったです。」
「チャンミン君。もう帰る時間だろ?」
「そうです。明日は僕夜勤なので日中はいませんが、他の看護師が担当につきますので安心して下さいね。」
「夜勤なの?じゃああんまり話せないじゃん。」
「え?」
「俺チャンミン君ともっと話がしたい。退屈だし。」
「あぁ。だったら夜の方が良いですよ。日勤は忙しいので。」
「そうなの?」

チャンミン君はニッコリ笑う。
まるで女の子みたいに綺麗に整った顔なんだ。

「でもどうして?」
「年も近いし仲良くなりたいんだ。チャンミン君いい人だし。」
「はぁ………。」

ちょっと不思議そうなチャンミン君。
俺変?

うんちょっと変……。

まぁ男に言い寄られても嬉しかないか。
と。思ったんだけど。
不思議そうにした後、チャンミン君は自分の首を撫でて照れた様子?
あれ?
チャンミン君もそういう反応??

「あ……の。どういう意味………?」
「うん?え~っと………さっきも言ったけど女の子紹介してよ。」

とりあえず理由をつける。

あれ?それが本命だろ?
仲良くなる理由になってるのか俺?

「あぁ。だったら無理ですよ。僕に期待しても。」
「そんな事ないだろぉ?」

こんなかっこよくて。いい女が周りにいない訳が無い。
信じないぞ。
そんな事言って俺をあしらおうとしてる。

「僕………男にしか興味ないんですよ。」
「え?!」

今……なんつった?

「だから女の子は紹介出来ませんよ。男なら出来ますけど?」
「えっ。えっ。えっ?」

チャンミンはニヤって笑うとそこら辺を片して「じゃあ。又明日。」と言って出ていった。
俺はチャンミン君の言った意味を理解するのに暫くかかって。
チャンミン君に聞きたい事があると思った時にはもちろんチャンミン君はいなくて
俺は次の日の夜までモヤモヤと過ごす事になる。

とは言っても翌日は聞きつけた会社の仲間や友達が見舞いに来てくれてあっと言う間に夜になる。
病院は朝食も早いが夕食も早い。
その夕食を持ってきてくれたのがチャンミン君だった。

「チョンさん。お食事お持ちしました。」
「チャンミン君!!もう来てたの??」
「はい。準夜勤なので。引継ぎして12時迄なんです。」
「そうなんだ。」
「さぁ。温かいうちにどうぞ。」
「え。もう行っちゃうのかよっ。」
「ははっ。仕事中なので。」

なんだよ。
昨日は夜勤だったら時間があるって言ったのに。
結局忙しいじゃん。
それでも食事の時間が終わって、消灯までの時間にチャンミン君は俺の所に顔を出した。

「チョンさん。よろしいですか?」
「はい。」
「足どうですか?お変わりありませんか?」

チャンミン君は人の顔を見るとそう聞く。

「大丈夫。」

俺はそう答える。

「聞きましたよね?明日松葉杖を調整して歩ける様になったら退院出来るそうですよ。早ければ明日にでも。」
「もうずっと入院していたいよ。ちゃんちゃんと飯は出てくるし。仕事休めるし。」

チャンミン君がいる。
まだ連絡先も聞けてない。

「はははっ。そんな訳には。」
「だよねーーー。」

チャンミン君は忙しいからきっとまたすぐ行ってしまうに決まってるから俺は直球。

「チャンミン君。連絡先教えてよ。」
「えっ。」
「携帯番号。」
「僕言いましたよね?女性は紹介出来ないって。」
「それでもいいから。」
「えっ。」

なんでそれでいいんだ?
女の子紹介してもらえなかったら意味ないのに俺アホじゃん。と思う。
でもそれでもいい。そう思った。
なんでかな?
チャンミン君とこれでお別れなんて嫌だと思った。

「あの……もう一つ言いましたよね?僕男にしか興味ないんです。」

チャンミン君は少し声を抑えて話す。
夜だから病院内も静かになってきている。

「聞いた。」
「じゃあ。」
「チャンミン君ってゲイなの?」
「そうといいますかね。」
「ふ~ん……じゃあ付き合ってる人いるとか?」
「います。」
「ふ~ん……じゃあ俺には興味ないよね?」
「……まぁ。」
「だったらいいじゃん。友達になれるだろ?」
「………。」

ちょっと考えてる風のチャンミン君。

「ノンケとは一緒にいたくないんです。間違いがあったら困るでしょ?」

ノンケってなんだ?
間違いってなんだ?

って。チャンミン君本当にゲイなのか。
そんな奴、初めてで良くわかんないな……。

「第一。気持ち悪くないんですか?」
「それは感じなかったな。周りにいないから良くわからない。」
「あははは。チョンさんは良い人ですね。」
「そう。俺良い人。」
「自分で言いますか?」
「あはーはーはーはー。だからいいだろ?」
「偏見を持たずに話してもらえるのはありがたいです。」
「うん。」
「でもあなたはゲイじゃないし、友達が恋愛感情を持つ事もあるかも知れないでしょ?」
「う~ん。そりゃ男女でもあるくらいだもんな。」
「ですからあなたは僕と友達にならない方がいいです。」
「そんなのわかんないじゃんっ。っていうか俺は大丈夫だと思うけど?」

過去に男に興味があったことはない。

「わからなくても。僕は普通じゃないので。」

そう言ったチャンミン君。少し寂しそう。
何でだろう。俺はチャンミン君が男にしか興味ないって聞いても気持ち悪いとも思わないし、だからって友達になれない意味もわからなかった。
だって周りにそんなんのいないからわからない。
チャンミン君は一層声を落として、少し屈んで俺に近づく。

「僕があなたを好きになる事もないって事はないって事なんですよ。わかりますか?」
「へ?」

そう言うとチャンミン君はいつもの場所に戻った。
俺の寝るベッドの足元の横。

「でも、でもっだってっ!!チャンミン君好きな奴いるんだろ?」
「まぁ。つきあってる人はいますけど……あまりうまく行ってないし。」
「えっ。そうなの?!」
「だから危険ですよ。」
「なんだよ、それっ!」

チャンミン君はそう言うと「ぷ」と笑った。
手の指の甲の方を口に添えて。
昨日から度々見るそれは、どうもチャンミン君の癖だ。

「又夜、痛みとかあったら言って下さいね。もう暫くですから我慢して動かない様に。じゃあ。」
「チャンミン君っ。おいっ。」

そう呼んでもチャンミン君はカーテンをめくって行ってしまった。
動けない自分がもどかしい。
引き止めたいのに。

チャンミン君が俺を好きになる?事もないって事はないって事……??
つまり???
ややこしい。
つまりチャンミン君が俺を好きになるかも知れないって事。だろ?
え?

え~~~~~?

そうか……

男にしか興味なかったらそう言う事もあるのかな。
友達が恋愛の対象に変わる事はあるから。
……もし?

もしそうなったら?
俺どうするだろ…………。
チャンミン君が俺を好きになる???

「………全っ然想像つかね~~~~~~。」

俺は途方に暮れてベッドで両手を伸ばして頭の下に差し込んで組んだ。

だってチャンミン君は男だ。
男を好きになった事も好かれた事もない。
そんなの想像がつく訳ない。







次の日。

俺は松葉杖で歩く練習をして夕方には退院することになった。
後は家で療養するしかない。
病院にいても寝てるだけだ。
無理しないなら仕事もしていいって言われたから仕事も行かなきゃ。
何時までも休んでられない。

チャンミン君は……。

準夜勤だから夜中に帰ってしまったらしく、もちろん次の日の朝は夜勤明けでいなかった。
その日、聞いたら今度は夜勤だからって一日姿を見せなかった。

退院する時にも顔を合わせる事はなかった。





結局連絡先は聞けないまま。
そのまま。





お別れだ。





なんだかさ。ぽっかり穴が開いたみたい。
もうこのまま一生会う事もないのかと思うと不思議な気持ちだった。
まぁ。出会いなんてそんなもんか。
縁がなかったらそんなもんだ。





そんなもん。だな。





縁がないか。





チャンミン君とは縁がなかったんだな……。











-----------------------



*ランキング*参加中。

こっちも人(´Д`○)














関連記事

COMMENT

うれしい!!

日曜0:00の更新ありがとうございます(*≧∀≦*)

今までにない展開だね!!

まさかのゲイ、しかも恋人いるってええええ?!!

どういう展開で接近してくの?!!

めっちゃ気になるわ・・・

2014/05/25 (Sun) 00:35 | マツ子 #- | URL | 編集 | 返信

チカ様こんばんは♪

チャンミンがゲイ?? 初めからゲイ設定なんておもしろすぎる(^○^)
それをアッサリユノに言ってしまうなんて…
しかも、その意味を必死で考えているユノって激カワだぁ~(^^)d

先の展開が楽しみですね♪
ゲイのチャンミン!しかも看護師!
素敵な設定♪ わくわくがとまりませんよ♪

2014/05/25 (Sun) 01:13 | 茶美ペン #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/05/25 (Sun) 02:26 | # | | 編集 | 返信

チカさん〜〜!!
そうきた?そうきちゃったの!!
新路線、初設定のゲイちゃみたん。恋人付き!((((;゚Д゚)))))))
しかもゆのたんにあっさり公言してるしっ!!
うわぁーお!!(;゜0゜)
これは続きが気になるじゃない!!

そして、タオルで体拭き。
お早めのエロ展開希望のピョンテさきっちょは、相変わらず脳内が腐り落ちてまして...。
2話目でエロかっ!?そうなのか!?
タオルで体拭きからのぱるぱっぱっあは〜ん♡♡とドキドキワクワク(((o(*゚▽゚*)o)))していたのですが......。
チーーン...。無かった..…>_<…
しかも連絡先すら交換できてないじゃん...。あかんやん。
お早めのエロ展開は何事もなく終わった...。
エロ遠のく......(; ̄ェ ̄)

仕方が無い...。
今日は「そし僕」のエロシーン読んでぇ〜。(←何度も読みますww)
お腐書という名のツアーパンフで萌え♡を頭の中で変換して萌え転がりましょ。
そうしましょ♪♪


2014/05/25 (Sun) 08:46 | saki #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/05/25 (Sun) 10:00 | # | | 編集 | 返信

まさかの男にしか興味のないチャンミン(゚д゚)!
それを聞いて頭の中がグルグル?のユノ。
面白いですねぇ(^^♪
連絡先もわからず離れてしまったけどこのさきの展開楽しみです(^^♪

2014/05/25 (Sun) 10:54 | keiko #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/05/25 (Sun) 12:03 | # | | 編集 | 返信

縁がないわけなかろう!(笑)

新しいパターンだ!新鮮。
しかも恋人いるって設定なんだ……誰や!(笑)
続きが!気になる~!

2014/05/25 (Sun) 12:31 | まろり~な #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/05/25 (Sun) 16:32 | # | | 編集 | 返信

Re: マツ子様。

マツ子さん((´∀`*))
コメントありがとうございます!!
更新できました♪
ゲイってしっかり書いたの初めて(笑)
これからの展開にもお付き合い頂けたら嬉しいです♪
ありがとうございました!!

2014/05/25 (Sun) 19:10 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re: 茶美ペン様。

茶美ペンさん((´∀`*))
コメントありがとうございます(。ノuωu)ノ
はい。ゲイです。いつもゲイなんですけど(笑)
ちゃんと書いたの初めてですね!!
この先の展開にもお付き合い頂けたら嬉しいです人(´Д`○)
看護師。似合いそうじゃありませんか?♪

2014/05/25 (Sun) 19:13 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re: 鍵コメチャ・・・11様。

チャ・・・11さん((´∀`*))
コメントありがとうございます!!
はい。恋人いるみたいです。(笑)
私もドキドキしてしまう~~(笑)
これからどう絡むのかまたお付き合いお願い致します(。ノuωu)ノ
ありがとうございました!!!

2014/05/25 (Sun) 19:15 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re: saki様。

sakiさん((´∀`*))
コメントありがとうございます(。ノuωu)ノ
新路線。大丈夫かな私(笑)
いや~エロくならなくてごめんなさいね(笑)
チャンと真面目にかいちゃいました(笑)
でもいつかきっとお世話される時が来ると思います(笑)
なんせ看護師ですからっ!(笑)
それまで又お付き合い頂けたら嬉しいです人(´Д`○)
ありがとうございました!!

2014/05/25 (Sun) 19:18 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re: 鍵コメいぬ・・・お様。

いぬ・・・おさん((´∀`*))
コメントありがとうございます(。ノuωu)ノ
ふふふふふ。
君呼び。萌えてくださってありがとうございます♪
私も書いてて萌え~♪(笑)

2014/05/25 (Sun) 19:20 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re: keiko様。

keikoさん((´∀`*))
コメントありがとうございます(。ノuωu)ノ
はい。男にしか興味ありません(笑)
ユノやばいじゃ~ん(笑)
もともとやばいんだけど(笑)
この先の展開にもお付き合い頂けたら嬉しいです!!
ありがとうございました!!(๑>◡<๑)

2014/05/25 (Sun) 19:23 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re:鍵コメマ・子様。

マ・子さん。((´∀`*))
ツイッターの件ありがとうございます(。ノuωu)ノ
早速確認してみますね人(´Д`○)
ありがとうございました!!

2014/05/25 (Sun) 19:25 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re: まろり~な様。

まろさん((´∀`*))
コメントありがとうございます!!(。ノuωu)ノ
そうですよね~縁が無かったら続かないですもんね(笑)
恋人だれか・・・(笑)
続きもよろしくお付き合い頂けたら嬉しいです人(´Д`○)

2014/05/25 (Sun) 19:27 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re: 鍵コメカ・様。

カ・さん((´∀`*))
コメントありがとうございます~(。ノuωu)ノ
まさかのゲイ発進(笑)
まさかでしたね(笑)
続きもよろしくお付き合い頂けたら嬉しいです人(´Д`○)
そしてドームもまさかの漏れ漏れ(笑)うひゃ~~~
ガチっ!!!
グッジョブ!!!
ありがとうございました!!!!"`ァ,、ァ(*´Д`*)"`ァ,、ァ

2014/05/25 (Sun) 19:30 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/05/25 (Sun) 23:38 | # | | 編集 | 返信

Re: 鍵コメす・だ様。

ず・だ様。
コメントありがとうございます(。ノuωu)ノ
ゲイって言葉が初めて使ったからなんか重いですよね(笑)
そうミンホなんだから(笑)
当たり前なんだけど(笑)
又来週もお付き合い頂けたら嬉です人(´Д`○)
ありがとうございました!!

2014/05/26 (Mon) 16:48 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/05/26 (Mon) 20:40 | # | | 編集 | 返信

Re: 鍵コメあ・こ様。

あ・こさん((´∀`*))
コメントありがとうございます!!(。ノuωu)ノ
あ・こさんポーカーフェイスでしたっけ?(笑)
どこで再開させましょう??(笑)
又頑張ります。
お付き合い頂けたら嬉しいです人(´Д`○)

2014/05/27 (Tue) 09:53 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント