See more details
Title List

君色想い。episod4 #2

ミンホ小説です。
ユノが受けです。

ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。




















その人から連絡が入ったのは僕達が出掛けようとようと思っていた前日。












「え?明日?!駄目駄目駄目!明日は駄目だ。」
「?」


一体ユノは何を言っているんだろう。
明日はドライブに行こうと弁当の材料も今日のうちに揃えて準備してある。
だから明日が駄目なのはわかるが何をそんなにムキになっているんだろう。


「誰?」


僕は声に出さず口の形で電話をしているユノに聞く。
ユノも同じように口の形で伝えてくる。
その名前は。


「ボア。」


ボアさん?
何だって言うんだろう。


「なんですか?どうしたんですか?ボアさん。」


僕はもう構わず声を出して聞く。
ユノは電話しながら僕にも答える。


「駄目だって。だってチャンミンこいつ明日ココへ来るって言うんだ。無理に決まってるだろ?!」
「え?それは来てもらわないと!!」
「なんでだよ~~~~~~!!!!」
「構わないと言って下さい。」
「やだよっどうすんだよじゃあ!!明日!!」
「そんな事はいつでもいいでしょう。」
「え~~~~~~~っ?!」


ユノは崩れた。
まさしく崩れたのだ。


「いいってよぉ~…………。」


そうして二、三言葉を交わして電話を切った。


「なんで明日なんだよ~~~~~。」
「しょうがないでしょ。僕達の用はいつでも良い事なんですから。」
「あいつだっていつだっていいだろ!!」
「何言ってるんですか。ティービィーに会いたいんでしょ。ティービィーだって会いたいはずです。」
「知らないからな。俺は。」
「何が。」
「知らない。」


ユノはそう言うと部屋に篭ってしまった。


ユノの知らないが僕を苦しめるとは知らずに僕は翌日ボアさんを家に迎えたんだ。
















「きゃぁぁぁぁ~~~~~~~。」
「わ~~~~~~~~~~~~。」
「だ~~~~~~~~~~~~。」


ちなみに最後に叫んだのは僕だ。


「ほら。だから知らないって言っただろ。」
「何とかしてください。アレ。アレ。アレ。アレ!!!」
「無理だよ。相手は子供だぞ。」


家中をティービィーを追い掛け回して走り回る怪獣が二匹。
ボアさんの腕の中に一匹。
子供が家を荒らして行く。


「ごめんなさいね。どうしてもあの子達がティービィーに会いたいって言って。」
「それはわかります。当然ですよ。あははは。」
「だからって急すぎだよ。」
「それはいい。」
「良くない。」
「何か用事があったの?じゃあ又にすればよかったわ。」
「いいんです。いつでも。」
「シムさん。本当にありがとう。ティービィーの事、本当に助かったわ。」
「いいんです。僕は。ティービィーは賢いし、躾が良くできていたびっくりしました。」
「もともと賢い犬なのよ。」


僕とボアさんが喋ってユノは黙ってしまった。
子供たちは大騒ぎ。
そんな子供達と遊ぶ訳でもなく意外だななんて思ったりする。


ただなんとなく感じたのはユノは不貞腐れていた。













ボアさん達が帰ってから家の掃除に随分かかった。
もしかしたら帰ってからユノと出掛けられるかとも思ったがとてもそんな元気が残らなかった。
ユノは不貞腐れたままソファーに座って動かない。


「何を不貞腐れてますか?」
「……………。」


答えないユノ。
はぁ。疲れてる上に又疲れそうだ。


「何ですか今日の事は仕方ないでしょう。」
「仕方ないって思えるお前がわからない!あんなに人が嫌いなのかと思わせておいて。家の中荒らされても怒りもしないでなんなんだ。」
「なんですか。」
「ボアと仲良く喋りやがって!!!」
「は?」


それ?
不貞腐れてるのはそれ?


「だってあなたの大事な人でしょ!だから僕はちゃんとした対応をと思って。」
「そうなんだろうけど!!」


ユノは悔しそうに下唇を噛んだ。


「今日の事だって俺初デートと思ってすげー楽しみにしてたのに。その為に今週は仕事も頑張って。」


なんだもう又だ。又この人のこの素直さに僕はやられるのか。


「俺はそうだったんだぞ!!!!」
「僕だってそうですよ!!!冷蔵庫の弁当の材料どうしてくれるんですかっ!!」
「あ……。」
「僕だって楽しみにしてたんですから!!あ~~~~~言わせるかっ!!!!!」
「ちゃ、チャンミン……。」


本当にこんな事僕に言わせるってありえない。


「出掛けるのは来週必ず。」
「本当か?」
「はい。」
「約束だぞ。もう絶対だからな。」
「はいはい。」
「うん。」


ユノは嬉しそうに笑う。


「あ!!明日でもいいんだけど。」
「あした?」
「うん。明日、俺夕方から仕事だしそれまでなら大丈夫だ。」
「そりゃ。明日までなら弁当の材料も持ちますけど、あなた仕事の前に休まないと駄目でしょう!!」
「大丈夫だよ。休みには違いないし。それにチャンミンが運転して連れてってくれるんだろ?」
「そ……そりゃ。」
「じゃあ。大丈夫。寝れるし。疲れないよ。」
「本当ですか?」
「チャンミンこそ仕事大丈夫か?」
「は……はい。僕は……。」
「よっしじゃあ決定~~~!!」


もうすっかり機嫌も直ったらしい。


大丈夫かな。


と言う訳で僕達は次の日ドライブに出掛ける事になったんだ。















「よし。」


弁当もばっちり。


「二人でずるいなぁ~~~。」
「キュヒョンは仕事だろ。」
「そ~だけどぉ~ずる~。」
「ほら、お前にも弁当作ってやったから行って来い。」
「お。嬉しいなぁぁ。チャンミンの弁当かよ。じゃ行って来るよ。気をつけてな。」
「おう。」


キュヒョンが出掛ける。
それと入れ替わるようにユノが起きて来た。


「アレ?キュヒョンもう行っちゃった?」
「えぇ。さぁ早く用意して。もう行きますよ。」
「えっ?!もう行くのか?!」
「当たり前ですよっ。あなた仕事なんですよっ。とっとと行って、とっとと帰ってきますよ。」
「えぇ?」
「早くっ。」


僕は洗面所を指差す。
ユノは仕方ないって顔で洗面所に向かった。
シャワーを浴びるらしい。


全く呑気な人だ。
自分が仕事なのに。


僕は水筒やらカップも用意して出掛ける用意を整えた。


ユノは朝から長いくらいのシャワーに僕はイライラする。
浴室から聞こえてくる鼻歌。


「早くっ!!!」
「はぁ~~~い。」


なんやかんやと準備を整えて車に乗り込む。


「あんたの用意が遅いから海くらいしか行けませんよ。」
「あんま焦らすなよ。余計疲れちゃうよ。海~いいじゃん。」
「じゃあ出発です。」
「ご~~~~~~ぉ。」


全く陽気だ。


とりあえずとりあえず。







こうして僕達はドライブに出発したんだ。
関連記事

COMMENT

*(^o^)/*

うみーーーーーーーーーー!!!
ドライブーーーーーーーー!!!
萌えるシチュですねっいやん♡
はぁ1週間頑張ろうo(^▽^)o♬
チャンミンすごいなぁお弁当とか♡
これでミンホだからたまらんとですっ笑

2014/05/25 (Sun) 21:36 | よお #- | URL | 編集 | 返信

きゃいきゃい(о´∀`о)

ドライブドライブ~♪初デート!
なんかそれだけできゅんきゅんしますぅ(*´ω`*)

チャンミン素直になれるかな?
展開楽しみでっす(*≧∀≦*)

2014/05/25 (Sun) 21:47 | なおちん #- | URL | 編集 | 返信

可愛いわぁ~ふたりとも(*´艸`)
初デ―ト♡

2014/05/25 (Sun) 21:54 | あさ #s3ZE2R02 | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/05/25 (Sun) 23:19 | # | | 編集 | 返信

いやぁ~~ん

近づいてるぅ~~~~!!
か・く・じ・つ・に!!
二人の距離が~~~~~~~~!!

今までが大変だっただけに、すんごい嬉しい(*≧∀≦*)

チャンミンも楽しみだったって言っちゃったよ(*´∀`)デュフ

初でーと楽しみ♪

ハッ!Σ(゜Д゜)
これも初めてシリーズになるね!!

2014/05/26 (Mon) 00:13 | マツ子 #- | URL | 編集 | 返信

ついにデートにまでこぎつけたぁ!
出会った頃の二人には考えられない展開ですもんね~(・・*)
なんか凄い、ユノ…尊敬しちゃう!
少しづつユノを受け入れていくチャンミンも相当ユノが好きなわけなんだけど…相当だよww

2014/05/26 (Mon) 06:53 | あさ #s3ZE2R02 | URL | 編集 | 返信

Re: よお様。

よおさん((´∀`*))
コメントありがとうございます!!
又来週もお付き合い頂けたら嬉しいです!!
ありがとうございました!!

2014/05/26 (Mon) 16:41 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re: なおちん様。

なおちんさん((´∀`*))
コメントありがとうございます(。ノuωu)ノ
そしてキュンキュンもありがとうございます~•*¨*•.¸¸♪
チャンミン素直になれるかなっ。
又来週もよろしくお付き合いお願い致します!!人(´Д`○)

2014/05/26 (Mon) 16:43 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re: あさ様。

あささん((´∀`*))
コメントありがとうございます(。ノuωu)ノ
初デート♪
かわいいっす(笑)
又来週もよろしくお付き合い頂けたら嬉しいです!!

2014/05/26 (Mon) 16:44 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re: 鍵コメず・だ様。

ず・ださん((´∀`*))
コメントありがとうございます(。ノuωu)ノ
そう愛の力ってスゴイですね♪
かわいいって言って下さってありがとうございます人(´Д`○)
又来週もお付き合い頂けたら嬉しいです(。ノuωu)ノ

2014/05/26 (Mon) 16:46 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re: マツ子様。

マツ子さん((´∀`*))
コメントありがとうございます!!(。ノuωu)ノ
ちょっと動きましたね(笑)
本当だコレも初物。。。。ドンだけ好きなんでしょう私。。。
又来週もお付き合い頂けたら嬉しいです人(´Д`○)
ありがとうございました!!!

2014/05/26 (Mon) 16:50 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re: あさ様。

あささん((´∀`*))
コメントありがとうございます(。ノuωu)ノ
はいついにデート。
すごい展開をなしえてますよね(笑)
ユノって天然の天使!!!
又来週もお付き合い頂けたら嬉しいです!!

2014/05/26 (Mon) 18:48 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/05/26 (Mon) 21:05 | # | | 編集 | 返信

Re: 鍵コメあ・こ様。

あ・こさん((´∀`*))
コメントありがとうございます(。ノuωu)ノ
冒頭なかなかかわいいかったですよ(笑)
又女子にやきもちやいてるし(笑)
おもしろいですねあ・こさん。
キュヒョンは都合よく使われてます(笑)
また来週もよろしくお付き合い下さいね♪

2014/05/27 (Tue) 09:56 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント