See more details
Title List

君色想い。episod4 #7

ミンホ小説です。
ユノが受けです。

ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。

















「じゃじゃ~~~~~~ん♪」






「………。」
「………。」


僕もキュヒョンもユノのテンションに思わず無言になる。
何だというのだ。その登場の仕方は。


「どこ言ってたんですか?ユノさん。」
「これだよこれ~~買って来たよチャンミン。」
「え?」


ユノは嬉しそうに紙の袋から取り出したのは靴。
ナイキのシューズ。
シンプルでかっこいい。


「あぁ。いいじゃないですか!」
「だろ?」
「もうかかと踏んじゃ駄目ですよ。」
「は~い。」


そんな僕達のやり取りを眺めてキュヒョンが頬杖を付いて言った。


「親子みたいだな。」


親子?!


「キュヒョ~ン親子ってなんだよぉ!俺達これでもつきっもごっ!」
「わ~~~~~~~~~っ。」
「何?」
「なんでもない。」
「もごもごっ!!」


多分とんでもない事を普通にキュヒョンにばらそうとしたユノの口を僕は手で塞いだ。


「なんでもないって…チャンミン……大丈夫なのか?」
「何が?」
「もごーーーーーーっ!!」


僕は自分のやっている事にやっと気が付いた。
ユノの口に触ってるーーーーっ!!!!


「わぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!」
「し、失礼な奴だな……。」


僕は慌ててキッチンで手を洗う。


「で?何?ユノさん。」
「うん?だからあのね。」
「わ~~~~~~~っ!!」
「チャンミンうるさい!」
「なんでもありませんよっ!ね?!ユノ!!」
「あ………ぁ?……あぁ。」


まるでティービーに言い聞かせるように目で物を言う。
ユノは黙った。


あぁ。なんだってユノの口なんかに。
こんな手で触れるのも嫌なのに。
キスなんて出来ない……。


絶対無理だ……。


僕はそう思いながら何度も何度も石鹸をつけて手を洗った。
泣きたい。












「もう部屋片付けなくていいですよ。」


キュヒョンがいなくなって二人になった時、僕はユノにそう言った。


「え?なんで?」
「だってあなた言ったでしょ。部屋片付けたらキスがどうのって。」
「うん。」
「やっぱ無理ですから。僕無理です。」
「うぇぇ?!」
「だからいいですから。」


多少…部屋が汚いけれど我慢しよう。
キスよりうんといい。
部屋に入らなきゃいいだけだ。
あそこから虫が湧いたら…
どうしよう………。
でもキスは無理だ。


「出来れば片付けてキスの話は無しでお願いします。」
「なんでだよっ!」
「キスしたくないからです!!」


少しユノの表情が変わった。
僕いけない事言ったか?


「さっきのがそんなに嫌だった?」
「………。」
「口触ったのがそんなに嫌だったのかって。」
「そうです。」
「いきなりだったからだろ?ほら。ちゃんと綺麗にして歯磨もいてしたら大丈夫だって言ったじゃないかっ。」
「そ…そうですけど。やっぱり。きっと。無理です。」
「チャンミンっ。」


ユノは必死だったけど僕はやっぱり無理だと思った。


「チャンミン。手を繋ごう……。」
「嫌ですよ!」
「手を洗ってくるから!」
「やめて下さい!」
「なんで?」


そんないちいち。
手を洗って。
手を拭いて。
手を繋ぐ?


馬鹿らしい。


なんでそんな僕を求めるんだ。


こんな僕。少しもユノにとっていい相手である訳がない。


「チャンミンっ。」
「無理です。」
「………そんなに嫌かよっ。」
「………。」


ユノは僕を見つめてから目を反らした。


「……わかった。」


そしてもう僕を見る事はなかった。


「俺出てくわ………。」
「え?」


ユノは背中を向けて部屋に向かいだした。
その背中は怒ってるのか?


「ユノ?」


本気?


「ちょ……。」


別に出て行かなくても……。
ユノ。


「チャンミンっ!!」


ユノはやっぱり背中を向けたまま。
なんでこっちを見ない?


「俺はお前が嫌で出てくんじゃないからな。」
「………。」
「俺はお前の為に出て行くんだからな。」
「………。」


僕が求めていると?





ユノが出て行けばいいと思っていると?






そう思っていると?







あなたは。








本気で思っているんですか?

















バカ。















------------------




↓ランキングに参加しています。励みになります。ミンホを応援してくださいっ。(*ノノ)











関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/07/20 (Sun) 21:18 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/07/20 (Sun) 21:37 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/07/20 (Sun) 22:02 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/07/20 (Sun) 22:32 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/07/20 (Sun) 23:38 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/07/20 (Sun) 23:58 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/07/21 (Mon) 09:07 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/07/21 (Mon) 09:21 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/07/21 (Mon) 10:34 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/07/21 (Mon) 15:31 | # | | 編集 | 返信

ユノーー、、
チャンミーーーン

チャンミンも意識しなければ平気なのかなあ。だとしたら、大丈夫なんじゃない?
愛があるし。うん。溢れる愛があるから。

2014/07/21 (Mon) 20:28 | 723621mam #- | URL | 編集 | 返信

ユノ…嫌だ~出ていくなんて…(/_;)
切ない…

2014/07/22 (Tue) 00:20 | あさ #s3ZE2R02 | URL | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント