See more details
Title List

ラブレター。#6

ミンホ小説です。
ユノが受けです。

ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。













「読んで。」








「なんで僕が?!自分で読めばいいでしょう。」
「怖いんだよっ!頼むよっ!!」
「何がっ!!」
「本当に別れるって書いてあったら俺どうしたらいいっ!!」
「そ、そんな事言ったって。」


そんな事書いてあるわけ無いでしょう。
僕は知ってる。


そう言って手紙を差し出すユノっ。
僕はその手紙を受け取ってハサミを取ると封を開けた。


そこには見慣れた字としっかり覚えのある文章があった。
僕は声をあげてそれを読み上げる。







「親愛なるユノ。

元気ですか?
私は元気です。
忙しいあなたを見守ることしか出来ない私。


どうか頑張って下さい。


愛してます。


又手紙を書きます。
あなたがお仕事に熱中できますように。」







確かにコレは僕が書いた。






「愛してるって?マジで?俺達まだ愛し合ってるんだな………。」





そう言って僕から手紙を受け取るとユノはその文面を見て幸せそうに笑った。





そう。





その笑顔が見たかった。






僕はただそれだけだった。











だからこんな手紙を書いた。










ユノに笑って欲しくて。













--------------


*ランキング*参加中。
ボタンが新しくなりました♡もちろんまろり〜な様作♪♪
かわいいでしょ〜♡♡是非ポチポチ応援お願い致しますm(_ _)m

















関連記事

COMMENT

今日も切なっ!

これ、どう見たってミンからユノへのラブレターじゃないですか~( ノД`)…
そうやって自分の気持ちを隠し通してユノを笑顔にするつもりかぁ
なんてやつなんだぁ…(。´Д⊂)

2014/09/11 (Thu) 00:09 | ずんだ #- | URL | 編集 | 返信

ヾ(>y<;)ノうわぁぁ~ん。゚(゚´Д`゚)゚。

チャンミン、切ないわぁ~o(TヘTo)
こんなに好きで、愛してますなんて手紙…

ユノ、気付いて、気付いて!!
早く!って、チャンミンの心の叫びが聞こえてくるよ󾭛(´・・`)

愛してるんだね、ホントに…これからユノがチャンミンの気持ちにどうやって気付いて行くのか、気になって眠れない󾭛(笑)

2014/09/11 (Thu) 00:29 | ユノMAX #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/09/11 (Thu) 00:35 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/09/11 (Thu) 00:39 | # | | 編集 | 返信

あらら

チカ*さん

チャンミンさん、せつないね。

2014/09/11 (Thu) 01:10 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/09/11 (Thu) 05:34 | # | | 編集 | 返信

チャンミン…やっぱり書いちゃてたのね。切ないなぁ。
でもこうなったら、想いを全部書いちゃえばいいさぁ~ヾ(*´∀`*)ノ

2014/09/11 (Thu) 09:26 | あさ #s3ZE2R02 | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/09/11 (Thu) 12:26 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/09/11 (Thu) 12:56 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/09/11 (Thu) 18:48 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント