See more details
Title List

カップルダンズ楽しみだね♪(2012.7.24.のblogより。)

ミンホ小説です。
ユノが受けです。

ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。









42.jpg

可愛い可愛い可愛いぃぃぃぃぃ



もう!!
なんでこんな可愛いんですかね
普通に。普段から。
ありえない!!!



ユノ、BoAと仲いいな。
って先日思ってたらBoAちゃんのカムバックショーに出演するんですってね~。


45.jpg



素敵素敵!!!!
チャンミンともいいけどBoAちゃんとって普通にユノが男なんだって思えて萌る。
女性が相手だと引き立つっていうか!!!


46.jpg



こんな写真見ても
相手ちっさいとかユノが大きく見えるし紳士に見える。(見えるんじゃなくてそうなんでしょ?)とかって萌えてる私はおかしいですか??(笑)
ほらチャンミンだとチャンミンがかっこいいからユノの可愛さが目立っちゃうけど(爆)


43.jpg



なんだろヤキモチとかはない。
BoAちゃん素敵だしユノも素敵だし。
ユノのストレート伸びて可愛いし!!

だってミンホはミンホだし(笑)


って言うかユノはこの為に体鍛えたんでしょ?
いっこく堂さんが言ってたのは本当だったんだ!!
あぁじゃあチャンミンの本音マイクで言ってたのも益々気になる。


本当に打ち合わせとかあって本当にチャンミンの思ってること聞き出してて言ってくれたのかも!!



あぁぁぁぁぁぁ!
きっとチャーはポヨポヨのユノがいいんだよ。
ムキムキのユノより揉んで気持ちいいくらいのユノがいいんだよ。
自分より逞しいユノに負けたくないんだよ。
いや。チャンミンだって逞しいんだけどユノみたいにムチムチしてないから目立たないから
あぁ言っちゃったんだよ。「僕の方が…。」って。
プルンプルンしてる方が好みだから「タイプじゃない!」って思わず言っちゃったんだよ!


あぁ。妄想は果てしない。(*pдq*)









****




仕事終わり。
裏で待機してるマネージャーの車に二人で向かう時。
今日ユノが肩にかけたバックはいつもより少し大き目。


「あぁ。今日もジムですか?」
「うん。」


先輩のカムバックを支援する為にユノは体を鍛えてそれに挑もうとしている。
自分の為だけじゃなく人の為にでさえ手を抜かないのがユノだ。
チャンミンはユノのちょっと前までいい感じにプユプユしていた二の腕のつまんだ。


「痛いよ。」


ユノはそこをさすってチャンミンから逃げる。
チャンミンはプユプユしていた腕がしっかりと鍛えられて来ている感触に少し不満な顔をした。


「まぁ。いいですけど。」
「…?言ってる意味が分からないよ。」
「気にしなくていいです。」


ユノは首をかしげた。


仕方がないだろ?
それも仕事なんだから。
仕事の為なんだから口は出せない。
ユノがユノの役割を最高の形で成功させるのはいつもの事だから。


チャンミンはそう自分に自問自答する。


「チャンミンは?帰るの?」
「はい。帰ってます。」
「俺。ちょっと遅くなっちゃうかも。」
「そうですか。」
「うん。」


そんなに頑張らなくていいのに。
適度に。
ポニュッと感を残して置いてくれないかな?
抱いた感じがプユっと跳ね返るくらいがいいんだけどな。


ちっ。


チャンミンは心の中で舌打ちをした。


「戻った時は静かにお願いしますよ。
ユノはバタバタとうるさいから。」


無駄に冷たい言葉が出る。


「…なんだよ。寝ちゃうのか?」
「寝ないでどうするんですか。」
「…待ってないのか?」
「待ってませんよ。」


そう言って少し先を歩くユノが寂しい顔をしたのをチャンミンは知らない。
ただその後ろ姿を見てほんの少しの罪悪感は感じていた。


「頑張って来てください。」
「…なんだよ他人事みたいに冷たい。」


あれ?
これでもフォローしたつもりだったんだけどな?


チャンミンは自分のフォローに何が足りなかったのかをたいして本気ではないけど一応考えてみる。


「待っててくんなきゃ頑張れないだろ?」
「じゃあ頑張んなきゃいいでしょう?僕は寝ます。」
「も~。チャンミン本っ当冷たい!」


何を言ってるんだ。


って思う。


どうせ手なんか抜かないくせに。
僕がなんて言おうがユノは100%でやり切らないなんて事はないくせに。


そう知ってる。


「そりゃぁユノを待ってて何か良いことがあるなら待ちますけど。
どうせ水のませてグッタリしたあんたがちゃんとシャワー浴びて着替えるように言って部屋連れてって寝かすだけでしょ?
やだやだですねぇ~。」
「ぷっ!俺は散歩帰りの犬か!!」
「あぁ~似たようなものですねぇ。」
「ひでぇ~。わかんないだろ何か良いことあるかも!」
「あるんなら待ってます。」
「……。」


チャンミンは手をやんわりと握った形で手首をクイクイと意味深に動かしてニンマリと笑ってユノを見た。


「なんだろうな?その手…。」
「待ってていいんですね?」
「いや…それはどう…かな?」
「待ってますよ。」
「いや…待ってなくていいかな?」
「頑張ってきてください。」
「いや…頑張ったら無理かも。」


なんだかんだ言ってもユノはしっかり自分の目指すものがあってそこに向かって力を尽くすだろう。
その為に僕に降りかかる犠牲なんてほんの小さな事だ。


僕が待っている事であなた頑張れるなら待っていよう。


鍛えられて僕好みに柔らかい抱き心地がなくなったとしても
帰ってきてみれば結局疲れて寝てしまって僕に良いことがなかったとしても


そんなことは構わない。


少し意地悪を言ってユノが困った顔をして
それで僕は結構満足をするから。



チャンミンはそう思って。



ただ





ただ
ユノの仕事が成功するように
祈った。





*****






チャーわかるよ!
仕方ないよね!
どんなユノでも結局好きなの私も!!!(ばか。)


ユノの体型ネタ二度目だから
もうわかったから
しつこいから
って言われそう(笑)
ごめんねっ!


もう収録も終わってるからきっとチャンミンいい事させてもらえてる筈!(笑)
楽しみだな。
早くユノとBoAちゃんのカップルダンスみたいな.。.:*♡






--------------


*ランキング*参加中。
ボタンが新しくなりました♡もちろんまろり〜な様作♪♪
かわいいでしょ〜♡♡是非ポチポチ応援お願い致しますm(_ _)m

















関連記事

COMMENT

懐かしい!

なんだろうなー。
昨日から懐かしい2人の話題になってたよ(笑)
ボアとユノのダンスは綺麗でしたよね!
テミンとも躍っていたけどユノとの方が素敵だったね。

可愛いチャンミンのお話は不思議でした(笑)
チカちゃん(笑)の今のチャンミンはカッコイイんだもん。
どっちも素敵なチャンミンだけどね(*´∇`*)(笑)

2014/09/21 (Sun) 01:26 | まろり~な #la5PUrQg | URL | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント